?

Log in

No account? Create an account
entries friends calendar profile Previous Previous
縷衣香 NOW!
☆今日は本の整理! 要らない本を古本屋に送りたい! ☆懐かしい2010年にクリーニング屋さんから返ってきたオーソドックスなブラウスがたくさんでて来て、この秋に着てみようかなと思う。 白い皮のベルトも嬉しい発見! 風呂敷、双六、風呂敷の本を発見! 私のファイル発見! お昼!ハムとチーズのトースト! 娘が乾燥剤、防虫剤乾燥機を買ってきてくれた! ☆一応、大雑把に本や衣類の整理はできた! しかし、濡れティッシュで拭きたいところだらけで明日はそういう仕事をしよう。 主人はすいてる時間で来るそうでお昼前に着くようだ。  私の体調が病院で診てもらったらいいと主人が思ったら、入院の可能なようにカートに下着など用意した。  娘はブランド病院はだめだというので、もし入院になったら、介護が手厚い末の弟が来やすい、父の家のそばにしよう。  これと同じ症状は父のなくなる前にあって、末の弟が父に移ったらイチコロだから、完治してから来てねというのが、あの3.11の1年目の3.10だったのだが、父は咳き込んでいて、主治医が留守だったので救急車を呼んで、そのまま旗の台の懇意にしている病院に入り(5時頃)、入院が決まったので夜の8時頃、東京在中の上の弟、下の弟、私と娘が集まり、父は皆が話している姿を楽しそうに見ていたが、看護士さんが今日は大丈夫でしょうと、解散になったが、11時に急変し病院で亡くなったのだった。
コメントの送信
大分よくなりました!
左足も杖なしで歩けます!

コメントの送信
日曜日は嬉しい! 庭に出ると、森の香りがとても優しい! 漸く100円ショップで買った種からのコスモスが咲きました! オーブントースターを洗いました! お台所の扉の中を片付けました! タオルやお皿や賞味期限が終わった缶詰など出てきました。 ハンドタオルでしょうか?  古い雑誌やチラシ等を汚れた筆洗油でfire!  牛蒡、白菜、油揚げ、烏賊、ホタテ貝、海老、長葱、椎茸! お風呂! 熊笹には殺菌効果があるので、まだ腫れている左足のこうには有効だと思う!
コメントの送信
美しい青空!






10時46分のシャトルバスで駅まで行く。

☆シルバーパスを3ヶ月分買う。6700円。





☆長野駅ビルに行く。
無印良品で下着、オーブントースター等買って、帰りまで預かってて貰う。


お昼はお寿司を魚やさんで買って、midoriビルのサーヴィスエリアで食べる。

私と同年輩と思われる女性が目の前に座り話しかけてきた。
東急百貨店の5階の「旨いもの市」話をしていた!
東京の日本橋三越の1階のシャネルに行ったときにフロワーに自分一人しかいなかったほど客がいなかったと言う。

 今度、偶然あったら食事を一緒にしましょうと彼女が言い私は映画が2時半から始まるのでバスに乗る為に立った!

 幸い、この10テーブルくらいのアリアには手を洗う洗面台もゴミ捨てボックスもあって、寿司パックも捨てることがあった。



☆長野ロキシーで「夜明けの祈り」を観る。


 第二次世界大戦中の実話をもとに作られた!
 モデルとなったマドレーヌは事故で1946年2月に亡くなっているが、修道院を標的に妊婦や出産直後の女性をもレイぷするソ連兵の現実に驚く。


 

☆映画ではポーランド人でもソ連人でもない医師を探すため、修道女が修道院を出て、雪のなかで祈ってる姿に始めは断った27歳の若い女医の犠牲ともかくごともとれるコミニストの勇気から現実の修道院女性の純潔の価値を失う苦しみを見せる。

 ポーランドの修道院でロシア兵のレイプで身ごもった修道女7人を赤十字のフランスの女医が医師としての医療措置と精神で助ける。

 修道院長は修道院の名誉を守るために神に逆らう。

 強姦の被害者であるのに、修道女たちは苦しむ。
ポーランドの古い修道院は雪で覆われ、讃美歌と祈りの中、援助を絶たれる可能性であるので、赤子はすぐ里親となれる人にところに母親の了解なく連れていかれる。

 強姦であっても、自分で生んだ子供への愛情は母のもので、また、赤子というのはそれだけで平和のシンボルだ!

 映画の最後のシーンは老人の修道女たちも赤子を抱いて記念写真を撮っていることで幸せと希望のシンボルになっている!

☆アンヌ フォンテーヌ監督。
女性監督の映画。
今でも戦争において、修道女性をレイプすることや女性を性で凌辱することは武器なのだと女性監督は言う。

 やはり、最近レイプされ相手を訴えても不起訴にされた日本の美しいジャーナリストの涙を思い出すと、「夜明けの祈り」なのだと思う。





☆権堂アーケードのなかで、おやつを買う。
まあ、公衆電話が可愛かったのだが。

☆農協で豆腐、にんにく、ピーマンの葉を買う。
生ではピーマンの葉は灰汁がつよすぎて食べれなかったが、胡麻油でソテーして塩コショウしたら、結構、個性的な美味しさだった!
このパックには、赤と緑のピーマンが1個づつ入っていた!


☆midoriビルの久世福商店で鰹節やそばパスタ、瓶ものをたくさん買う。


☆黒姫駅でオーブンスターが重いので分けて階段を上がっていたら、若く逞しい女性がお持ちしましょうと持ってくれた!

 改札で小さな男の子と女の子が待っていて、若い女性にまとわりついていた。茶髪のご主人が待っていて、車で帰っていった。ニコニコしているご主人にもお礼を言って、私はタクシーがあったのでコテージ迄帰った。

☆お風呂に入り(パインツリー、松の木の香り)、お洗濯し干して、お皿など洗って寝たのは4時半!

☆今日は面白い日で、色々な人に声かけられたのだけれど、女装しているおじいさんに「あなたきれい。喫茶店にいかない?」とお久しぶりにナンパされた!

 グレーの山高帽子を被っていてきれいにメイクをしているので、「ここで働いてるの?」と訊いたら、ニコニコして「農業です。」という。

「急いで帰らなければいけないの。」と、言ってブティックで若い売り子に話したら、駅にもよくいるとのこと!

 世の中は面白いところで、娘を妊娠中、西武百貨店で主人と待ち合わせていたら、大きなお腹だったのに、ハンサムなサラリーマン風の若い男性が「お茶しませんか?」と声かけてきたので、世の中には色々なフェチがいるなあと思ったものでした!
コメントの送信
朝から氷のバケツに左足を入れる。

 白い塊は氷です。
 ほんとうに冷たくて、左足を出したり入れたりします!




 お昼は娘がエビカレーを持ってきてくれるそうだ。

 実際には海老とハムとパクチーのビーフンでした!
が美味しかったです!


☆あまりのんびりできるときがないので、至福の時です。

☆ささやかな楽しみ。

 郵便物の中に長野駅ビル、midoriの年に2度あるうちの秋の20%引き3日間の週末の案内状があった。

 虫の痕が退いたら、少しでもお安く買えるこの機会に買いたいものがたくさんあるのだ!

 もしかしたら、明日にも行けるかもしれない!

無印良品とハンズで買いたいものがある。


☆娘が6時半頃、夕飯を持ってきてくれた!



メキシカンらしい。
イタリアの赤豆にアメリカのチーズ3種とのこと。
チリソースで味付け!
とても辛かったので、梨を剥いて一緒に食べました!

コメントの送信
 今朝は娘がコメリに行くと言って、パパにママの様子を見てこいと言われて8時半頃、来た。

 木曜日だから、週刊文春と週刊新潮を頼んで部屋で、寝ていることにした。

 それから、お風呂に入って序でに湯船洗って、昨晩のパジャマやバスタイルを洗濯し本当の普段着のワンピースを着て、軟膏を塗り、左足に保冷剤の大きい方を貼り付けてベッドに寝ていたら、帰ってきて、週刊誌とお茶ボトル2本を置いて、今度はお昼の買い物に行くんだという。

 それで主人に東京からかってきてもらった煎餅を食べて週刊誌を読んでいるところ。ちょっと極楽!






 漸く、北長野のサンジェルマンから帰ってきた二人は、サンドイッチとミニピザを買ってきてくれたのだが、食欲はあまりないので、ミニピザとジュースで。


☆他に東京からかってきてくれたケーキと台湾のお茶!


☆まだ腫れてるし、痛い。
それでもすこうし、腫れは退いてるのだ。

☆寝てるのが一番いい。
古本が出てきたのでこれを読もう!


☆主人が娘とヤマダ電機で買ってきた。



 ケーキを二切れ食べてしまった!




☆主人はお昼を一緒に食べると明日は仕事ということで車で帰った!

新しい車で後部席がゆったりしているので、随分楽になった!

もうお義母様をデパートのレストランに連れ出すのは大変でできないという。

介護士さんが一人いれば可能とのことだ。

ケアハウスでは出ない美味しいお肉が食べたいそうだ。

私と娘がいれば連れて行けるので、秋のうちに何処か連れてってあげたい。

☆娘が包帯を替えにきた。


氷を入れたバケツに左足をつけるのです。
それから氷を巻いた包帯を巻くのです。

☆緑のバスソルトは娘と半分にしたもので、更に半分にして主人が娘のところでお風呂に入ったのだそうだ。
 娘はその残りのバスソルトをバケツに入れて来て、氷をたくさん入れて私に左足を浸けろと言う。

 冷たすぎるのだが、心地良くなって、一生懸命擦ってくれていたが、冷蔵庫から氷を持ってきて、包帯で巻いて、バケツごとお風呂においておいてと頼んだので、45度の熱湯を入れて途中で42度に変更して、左足の氷が溶けてからお風呂に入ったのであった。

青いバケツは北長野のダイソーで買ったとか。
コメントの送信
 左足のこうが蜂に刺されて腫れ上がり歩けないので、2階からいざって降りてきたのですが、お風呂に入れば多少は良くなるかなと朝の5時頃お風呂に入りました。




 娘はニトリで整理するためのプラスティックケースを買いたいという。


 普通靴は左足が腫れているので履けないので、ブリッケンのサンダルが役立ちました!本当にいつか役立つものに溢れているんだなあ!
 

 朝は昨晩の残りです。少しゆっくり目だったので、お昼は好物を少しにしました!


☆主人が車で来たので、新井の道の駅にお昼を食べに行く。


 回転寿司にしました!


 娘は9皿、私は3皿、主人は5皿で全部で5000円くらい!
安くて新鮮です!


☆ニトリへ。


☆スターバックスへ。


☆南高田イチコー、アメリカンドラッグへ。
薬剤師さんに左足を見せて薬を買う。
冷やして、難航を塗ると腫れが引くという。



☆今日から娘が夕飯を作ることになり、フォーションのバゲットにハムとチーズとチキン、トマト、ホウレン草、しめじのスープ。


娘と主人がこちらに来て夕食を皆でいただきました!
かいがいしく娘はお皿も洗っていったので、病気は必要悪なのだと思ったのでした。

☆主人は娘のコテージの2階の屋根裏部屋のような三角部屋にマットを敷いて寝ました。お風呂も磨いて娘のコテージのお風呂に入ったそうです。

 私は2階から降りるのが大変なので1階の寝室で寝ました。

 冷蔵庫から保冷剤を持って来て、靴下の中に入れて寝てたら、娘が12時まではいるといってさらに大きな保冷剤を包帯でしっかり巻いてくれました。

☆やはり休みが必要だったようで、寝てるのは楽で家族が優しくしてくれるので幸せな気持ちになりました。
コメントの送信
 10時10分に第一スーパーのお買い物バスが来るので9時33分に起きたので、急いで着替えをしました!

 幸い台風の後、何の被害もなくきれいにバラが咲いてます!

 スーパー、祭りやマツモトキヨシ、セブンイレブンによって、かなりの荷物になりました!

 板橋区から来ているのだ63歳の女性が第一スーパー迄荷物をもってくれました。


 帰ってから山菜おにぎりでお昼。

 主人からメールで週末台風でこれなかったので、水曜日来るという。

 娘が私のからだの不調は油彩が原因だという。

 空気が悪くなるもで排出する設備が必要とベランダのドアに網戸を作ってはってくれた

 大工さんに悪い空気を排出する設備を作って貰わないと。

☆テレビのリモコン機が機能しないので娘が電池を変えてくれた!

☆ 夜は唐揚げとサラダ。
 フルーツはサンシャイン、梨、オレンジ。

 台風で梨やりんごが随分落ちたのだそうだ。

 自然は怖い!

 国が助けてくれますように
コメントの送信


 昨日は1階のベッドで眠りました!

半年ぶりです。

良く眠れたので、お片付けをして当分ここで寝ましょう!

☆お片付けは脚立にのって、本棚の上の衣装ケースやいろいろなお道具、本等を引きずり下ろしたら、埃がたくさんでて拭いたり、思いもがけず壊れたものもあって大変でした!

 玄米栗ご飯を炊いたのですが、娘がmidoriビルのスーパーで「鉄火巻」が連れてってと言ってる気がして買ってきてくれた!

 好物ですからウェルカム!







☆やはり、忘れていたアルバムがたくさんでて来ました!


 新婚旅行のカップル!安藤忠雄の設計ホテル(現代美術の作品がホテルに泊まらないと見られないのがある!)の隣の部屋で、ウエルカムパーティーで5時頃あったのに、ベランダで顔を見合わせてびっくり!
絵本を注文されたのでカルフォニア迄郵送しました!


直島からの風景。



☆メジェゴリエ巡礼!


スロベニア

 このお船に乗って島の教会に行きました!




クロアチア








☆メジェゴリエ巡礼!

 聖母マリア御出現の地。
かなり厳しい丘の上です。

 ご一緒の巡礼団の6、7人は上らずカフェで待っていたほどで、一人の男性は転ばれて帰国まで随分痛みがあったようでした。

 少女たちが聖母マリアの御出現にあった場所なので、深い祈りをしながら泣かれているかたも多かったです。



 最後のメジェゴリエの日。
朝、7時にはお食事してバスで帰り道です。

 朝4時に一人起きて、着替えてデジカメで道の写真を撮影しながら涙を流すイエス像まで行きました。

 巡礼コースには入ってないのですが、前日に涙を流すイエス像がある場所を聞いたのです。

 夜明けの5時頃には着いたのですが、既に多くの人がイエス像の前に涙をぬぐうために行列を作ってました。

 ブラザーがひざまづいて美しい祈りを歌ってます。

 このイエス像はスロベニアの彫刻家が作りヨハネパウロ2世が祝別してメジェゴリエに贈られたものだそうです。背の高い像なので、人間は膝まで流れた涙にようやく手が届くのです。

 ユーゴはつい最近までは戦地だった。
 教会にも弾丸の跡が残っている。

 孤児院にも行った。子供たちが作ったロザリオが売られていた。

 ボスニアヘルツェゴビナは貧しく、泊まったペンションもお洗濯ものも手荒いで庭に干してあった。近所の人達も手伝っているが、エレベータもなくいろいろ不便だったが、それでもマリア様の御出現のお陰でヨーロッパ中から巡礼ツアーが来ているのだ!



 クロアチアです。
 十字架の道が立派でした。



 対岸はイタリア。
 ヴェネチアにも船で行ける。

 ヨーロッパでこんなに貧しい国もあるとは。

 しかし、美しい自然と街並みは世界遺産になり、近代的なホテルも建設されている!

 食べ物は魚介類が豊富でイタリアに似ていた!


☆人生はあっという間!
 大学生の頃かな?


 野尻湖に来てた!


 おかあさんになる日が来るとは想像もしなかった!


 東京の家でパラソルとガーデンセットを使っていた!


 ☆今日は良く働いたので、ごほうびお風呂!

コメントの送信
 バスソルト娘と半分づつ分けたので、自分のものは半分とかしておいた。

 

 朝、少し咳き込むが苦しかったのでノック(アイルランド)で汲んだ聖水を飲む。

 体調がよくなったので9時から1時までワーク!













 お昼に娘が来て、ボルシチとフランスパンを食べて行った!ついでに燃えないゴミのポリエステルの使い捨て皿を区別ゴミに出しに入れてくれた!



 カップの中はコーンスープ!


「居酒屋」を観る!




 パリの貧民窟。
 男と女。
 子供の生活!

 ゾラの観た世界なのだろう。
 しかし、転落しながらも逞しい女。

 ルーブル美術館に絵を観にいくシーンがある。

 モノクロの名作。

 かわいい女と凄まじい洗濯女の世界。

 何となく、御曹司セザンヌをモデルにした「制作」に意地悪な視線で書いたゾラの気持ちがわかったような気がした。

 イタリア移民の母子家庭に育ったゾラには、この貧民の世界は自分の住む世界と遠い世界ではなかったと思う。
コメントの送信