Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

お帰り支度!


お昼のお弁当。


東京へのお土産!

昨日の雪で、枝も雪のなかに潜ってしまいました!
傘も潜ってしまいました!

 しかし、自然界はなんて美しいのでしょう!

 青空は恵み。

 薪が昨晩の2本で終わったので屋根の雪も落ちなかったようです。


 昨日、作った雪の道の上を歩いただけですが、この状態!
膝上まで積もったのです。

 ☆今、洗濯中!
 台所等片付けてますが、床を拭いて12時55噴か2時11分の信越線に乗れればと思います。

 

☆昨晩から、テレビで福島ばかりみていて、今朝も東北震災での若者がいかに老人達を津波のなかで助け
たかを放映していてみいってしまいました。

 

 に残ったのは、
「当たり前の生活がいかにありがたかったを知った。」
 という、高校生の話でした。

 

☆この間のグァムでの無差別殺人のアメリカの青年も21歳でとても才能に溢れ人から好かれる青年だったようです。
 母親からの虐待や、家庭の経済状態で本土での大学にいけないことや、ガールフレンドが彼の子供を無断で堕胎したことなどがあったそうです。

 

 また、日本の「パソコン遠隔操作犯」の青年も、名門私立でのいじめや母親の教育ママやどこか不本意な自分の人生への憤りを感じます。

 

☆誰でも辛いことがある。
誰でもハンディがある。

 

 そして被害にあった結婚式に集う幸福そうな人たちも、同じように隠れた不幸があったはず。

 

 それでも、みな、諦めたり、思いを延期して生きる。

 

 明るい方に希望をもって。

 

☆人間はなんだか辛い。
 自分だけ幸福でいられないのだ。

 

☆現実にお金がなくてもアメリカでは大学に行ける。

 

 他人を刺さずにはいられないほど、なぜ、追い詰められたのか?

 

 「パソコン遠隔操作犯」の青年もかつての同級生がエリートとして格差が出てくる年齢だ。

 

 それも辛かったのかもしれない。
どこかで勝てないとバランスがとれなくなったのかもしれない。

 

☆ミシンは娘への誕生日プレゼントとしよう。

 



 お花にお水をあげて!

Tags: via ljapp
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments