Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

Y子さんとお買い物!上野から谷中、根津、千駄木まで。

今日は本当によく歩きました。 晴れていたのと、やや暖かくなってきたから、歩きやすかったのですが個人的には昨日の夜更かしで4時間くらいしか寝てないのでよく歩いたと思います。 そんなにしょっちゅう来るところではないのですが、懐かしいのと美味しそうなのとで、いろいろ買ったのでした。 桃林堂さんのかわいいたい焼き!

 小さな鯛焼き3匹。つぶあん。

  「嵯峨の家」のおかき。 秋風というのです。「春なのになぜ?」と訊いたら、「長い形をしているからでしょう。」とのこと、長月のイメージでしょうか? 「チョコレート展」で買ったチョコ!

  顔写真を入れてくれるサーヴィスが!Y子さんと作って貰いました。 若いカメラ担当が、「ピースサインを。」とか「頬に人差し指をつけて。」というので、「いい年してそんなことをできないわよ。」と答えましたが、帽子のつばを後ろに回せとか、笑えとか忙しかったです。   メキシコのグラヴァンダルの聖母のボタン! このお店にいはフリーダ・カーロのぼたんもあったのです。ロザリオもたくさんありました。 /840447_original.jpg" />

耳掻き! 象牙屋さんは、喫茶店に改造してました。 職人芸を評価してくれる人がだんだんいなくなり、寂しくざんねんです。耳掻きが1000円!  上野から谷中、根津、千駄木の散歩は本当に楽しかったです。</p>
Tags: via ljapp
Subscribe

  • 五月病関連読本!のコピーです! 私のテーマの一つは日本の誇り、アジアの和!

    源氏香のカルタを作って見たのだが、紫式部の愛読書が宇津保物語! 本物の芸術の話!そして、大和から遣唐使が難破して運ばれたペルシャの地から、白馬にのせられ、仙人に学んだ中国の七絃の琴(きん)は、ユネスコの世界遺産になりました! 宇津保物語から地震が起きたシーン。…

  • 宇都宮功の本。

    この人の事はまるで知らなかったが、とても成功している画家のようだ。 1945年、盛岡生まれ。 私が1947年生まれなので、かぶっていて時代の流れはよくわかる。 そして、作家やギャラリーの名も知っているので、情報として実によい本だった。…

  • 携帯の調子が悪い!

    木嶋佳苗が獄中で書いたと言う実話。 正直に書かれていると思う。 世の中には悪い人が多いものだ。 若い高校生の彼女を騙した詐欺師や母親の交通事故による脚の切断。 恐ろしくおませな社会との関わり方。 偶然か?祖父の馬の受精やヤマギシ会での牛の受精見学が性への好奇心を育てる。…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments