Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

今日は、睡眠時間が無かったので怠いです!


☆ようやく「漂流老人ホームレス社会」を読んだ。
森川すいめいさん著
精神科医のようだ。世界40ヵ国旅行して、アフリカでは怖い目にあったそうだ。

 

 ホームレスさんは弱者であるが、RESPECTを忘れない。

 

 生活保護をもらうのには、ずいぶん精神的に痛めつけられるようだ。

 

「平等だということが差別になることもある。私達に希望があるか?」

 

と帯にある。

 

☆人並みと言う言葉があるが、これがなかなか大変だ。

 

☆昨日の「女性画家の魅力」を読むと、ずいぶん非凡な努力をされたことがわかる。

 

☆ホームレスさんと自分の違いはほんの少しの運の差だ。

 

 今日のように疲れていると、格好いいこと言ってられない。

 

 とてもホームレスさんの心配でなくただ眠たい。

 

 こんな体の不調が続いたら、収入がなかったら、家を追い出されるか失ったら、ホームレスにすぐなってしまう。

 

 自分の「ハーブカルタ」は、ほんのメモとは言え、こんなに下手な絵に一生を託すのは危ういと思う。

 

 そして、怖いのは社会の視線が劣等感や敗北感を育てること。

 

 哲学の違いだけで居直るのにはあまりにも過酷な食事、衣、住宅事情。

 

 苛めと同じで孤独を恐れないのには、弱い立場過ぎるのだ。

 

☆さあ、髪の毛もかわいたようなので、振り込みと水を買いに出掛けましょう。

Tags: via ljapp
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments