Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

皆の親切で無事にコテージへ

ハーブたちが元気で安心しました!

室内温度0度です!

東急地下のお魚屋さんのお寿司。

可愛い色のソックスを買いました!

☆黒姫駅には6時頃着いたのですが、真っ暗なのと雪が深いので真っ直ぐに帰りました。

 

 どうしても、東急でお野菜や魚など買うので、帰りの荷物は重くなり2回に分けて改札口にいこうとしたら(登り階段と下り階段がある)、紳士がひとつを運んでくれました。

 

 コテージの雪掻きは長野から11時頃、電話をして頼んでおいたのですが、タクシーの運転手さんがカートを運んでくれました。

 

 実は今日は3時間くらいしか寝てなく、雪が深いのでコテージへつけるか心配だったのです。

 

 しかし予定を全部クリアしました!

 

 映画もまた長野に出てくるのには余計な出費と時間制限があって11時頃から2時55分の映画上映時間までどう潰すか困っていたのです。

 

 それが、新しくできたハーブのお店のオーナー夫人が話しかけてくれたので、今後に実りのあるお話ができたのと義父の出された薬草の本がとてもよくて、またカルタのメニューが増えたのでした。

 

 ご主人が観光局長とのことで、なんとかして黒姫をアップしようと色々お話しできたお蔭で、無駄無く映画上映迄時間を潰せたのでした。

 

☆映画はね。

 

1メートルにも満たない生まれながらの骨折体質で36歳で亡くなられたのですが、きれいな音とすごいテクニックで「神々の愛するものは長生きしない。」ということばを思い出しました。

 

 息子も彼と同じ遺伝で、あの天性の軽やかな音楽の後ろに背負ったものを思うと、人生は複雑。

 

Tags: via ljapp
Subscribe

  • 五月病関連読本!のコピーです! 私のテーマの一つは日本の誇り、アジアの和!

    源氏香のカルタを作って見たのだが、紫式部の愛読書が宇津保物語! 本物の芸術の話!そして、大和から遣唐使が難破して運ばれたペルシャの地から、白馬にのせられ、仙人に学んだ中国の七絃の琴(きん)は、ユネスコの世界遺産になりました! 宇津保物語から地震が起きたシーン。…

  • 宇都宮功の本。

    この人の事はまるで知らなかったが、とても成功している画家のようだ。 1945年、盛岡生まれ。 私が1947年生まれなので、かぶっていて時代の流れはよくわかる。 そして、作家やギャラリーの名も知っているので、情報として実によい本だった。…

  • 携帯の調子が悪い!

    木嶋佳苗が獄中で書いたと言う実話。 正直に書かれていると思う。 世の中には悪い人が多いものだ。 若い高校生の彼女を騙した詐欺師や母親の交通事故による脚の切断。 恐ろしくおませな社会との関わり方。 偶然か?祖父の馬の受精やヤマギシ会での牛の受精見学が性への好奇心を育てる。…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments