Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico


海宝漬!

 

 三陸の被災で失った冷凍庫の中でわずか残ったもの。とても美味しい。

 今、今日も40枚の雑巾がけを2度終わり、3回目に向けて洗濯機の中で洗っている最中!

 

 雨でずいぶん雪が溶けてます!

 ハーブもお部屋に。

☆朝のうちから段ボールを開けて良かったです!濡れないで済んだのです。

☆読み終わりました。

 中上健次と言うのは凄い使命を担って生まれて来たひとなのですね。

 

 お嬢さんへの手紙など感動しました。

 

 運命にも恵まれ、46歳の人生は短いけれど、いい編集者や友に恵まれ、奥さんにも子供たちにも愛されていい文学を残し。

 

 時代にある世界の差別や飢えに改善の希望を求め、男気のあるいい人生だったのではないでしょうか?

 

☆熊野と言うところ。
 権力の影。
 
 生きることの苦しさや許し。
友情、家族。

 

 家族を支え、自殺した兄への罪悪感。

 

 彼が生まれ生きたことで救いを得ただろう路地の人達。

 

 私たちは鈍感であってはいけないことを身を削って書いた作家がいとおしい。

 

☆5月上旬の気温だった長野。
 食卓には冷たいものばかりを並べました!

Tags: via ljapp
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments