Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

明日は雨!新しい法王さまが!

2012-11-14 05.34.27聖母マリアのメッセージによるとサタンが教会の中枢部にまで、はびこっているという。昔、秋田の聖体奉仕会で、シスターが、「サタンって本当にいるんですよ。」と言ったのを思い出した。                               
 神の期待を担っている魂には実に多くのサタンの妨害があるようだ。                                                 ネットでも多くの正義の戦いに挑んでいる人には肉体的精神的に多くの弾圧があるようだ。

☆サタンの目的は神の計画を阻止することにある。

 そして、不思議なくらい人間は神が何を望んでいるかを知っているものだ。

☆神は愛である。
 神は正義である。

 神は分け隔てなく人を愛する。

 神から軽んじられている生命はない。

 しかし、人間「社会は争い他の生命を軽んじ、奪い、傷つけ、殺し合う。
 
 神から離れて歴史が作られて来たのだ。

☆聖書には、神は人間に必要な食、衣、住は与えると言う。
 
しかし、人間は「食べれない。住居のローンが支払えない。流行遅れの衣類がない。」と、不安になり、なんとか人から奪おう、せしめよう。」と本能的に思ってしまうのだ。


 安全を求め、ダイエットに化粧をして婚カツに有利にし、一生困ることがないようにと女性は思い、男性は職を得るために塾に通い競争に勝ち、名門大学に入ることを目標にする。

 そこからこぼれたら、秋葉青年やホームレスになる道が見えてしまう恐怖。

いつの間にか、神の愛が見えなくなってしまう。

☆それが、サタンの企てなのである。

本当は大学に落ちても、行かなくても幸福になれる。

競争などなくても、勝ちも負けもない幸福が誰にでも与えられているのだ。

☆神を恐れないのは怖い。

裏でなされたことはなかったことにと思えるのもサタンの働き。

神の目は何もかもお見通しなのに。

隠れられると思えるのもサタンの働き!
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments