Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

「Hiroshima」を聴く。

 麻婆豆腐を作り買ってきたチャーハンおにぎりで軽く夕食。

 

☆午前中にアマゾンから届いた「Hiroshima」を聴きました。

 

☆佐村河内 守
 交響曲1番
 大友直人指揮 東京交響楽団《Hiroshima》

 

 テレビで聴いたときから、なんとも清らかなものを感じました。浄化というか魂が清められていく想い。

 

☆負担のない音楽なんです。

 

 静かに透明に
 永遠に入っていくかのような

 

 無理のない流れ。

 

 哀しみもなく怒りもなく

 

 出来事を受け入れていく魂たち。

 

 心地よく

 

 運命を肯定する

 

 人間の生きざま。

 

☆佐村河内 守という作曲家
の生きざまは神々に愛されているももの持つ、大きな過酷な試練に投げ出されます。

 

 彼は自分の作曲をした曲を耳で聴くことができない。

 

 聴衆の感動する表情を見て、彼は自分の絶対音感の記憶で作曲した交響曲が成功したと知ったのでした。

 

☆佐村河内 守

 

1963年 被爆者の両親のもと広島い生まれる。

 

1967年 4才から母にピアノの英才教育を受ける。

 

1973年 10才でピアノの難曲を弾きこなし、師である母から「もう教えることはない」と告げられる。作曲家を志し、独学で音楽理論を学び始める。

 

1980年 17才で原因不明の聴覚障害や片頭痛を発症。以後、病魔との厳しい闘いが続く。

 

1981年 高校卒業後、単身上京。独学で作曲を学ぶ。

 

1988年 ロック歌手としてソロデビューする予定であったが、交通事故で弟を失ったショックから辞退。

 

1990年 映画「秋桜」、ゲーム「バイオハザード」など劇伴音楽の作曲を再開。

 

1999年 35才で完全に聴覚を失ったのち、ゲーム「鬼武者」の音楽「ライジングサン」を作曲。

 

2000年 それまでに書き上げていた12の交響曲をすべて破棄。障害児の施設に通い、ボランティアでピアノを教え始める。ひとりの女児との出会いにより、新たに「交響曲第一番」の作曲を開始。

 

2003年 「交響曲第一番 Hiroshima」が完成。

 

2011年 同曲を日本コロンビアよりCDリリース。

 

2012年 同曲がNHKの情報番組で紹介された後、クラシック音楽として異例の、アマゾンやオリコのチャートでベストテン入りを果たす。
</p>
Tags: via ljapp
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments