Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

小学校5年生が35万円同級生から恐喝。

 ☆先程、アマゾンから「永井則夫」の本5冊分の返却と銀行への振り込みが通知されてきました。                                                                             ☆明日ーと明後日が雨だそうだが、ミシン台のテーブルが着く8日が晴れということでひと安心。                                                                            ☆ニュースで兵庫県の西の宮の小学5年生2人が同級生3人から計35万円恐喝してお金を取り上げていたと流れていた。                                                                    恐喝で友人からお金を奪って滋賀県大津で自殺まで追い込んだ中学二年生が評判になったばかり。                                                                            被害者の子供たちは「怖かった。」という。 「遊んでやらない」と言われていたらしい。 仲間外れになると言う孤独になると言う恐怖が起きたのだ。今日は信濃町の学童のバスにのって帰ってきたのだが、今日は中学生ばかりで20人はのっていたのだと思うのだが、とても仲が良いのだ。友達が降りる度に、手を降って挨拶。この過疎な村ではいじめや恐喝などないであろう。                                                                     何か荒んだ子供の鬱憤があるような気がする。                                                                                                  ☆私が通った品川区と港区の公立小学校では、少しぐらいのいじめはあったかもしれないが、金銭の恐喝など聞いたこともなく想像したこともなかった。                                                   しかし、大学時代から恐喝する人がいることに自分が世間知らずだったと思う

美術系は多いのかもしれない。                                                                  ボストン美術館学校でもしょっちゅう、工具や機械が無くなり「返してください。」と言う貼り紙がはってあったものだ。

☆大人になって恐喝するギャラリー経営者や「買え。」と言う同業者や宗教家や「ボランティアをしないのは恥です」と言う福祉家にお目にかかるようになって、人間の世界には絶望するばかり。

 35万円も恐喝した小学校5年生は、どこかで大人のそんな姿を見たのであるのか?
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments