Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

映画「リンカーン」!

 素晴らしい映画。奴隷制度を廃するために法案の票をとる必要がある。   そのための現実は、やはり政治家として優秀なのだった。                     しかし、リンカーンも聖人ではなく、南北戦争で多く失った兵隊を見ながら、自分の子は兵役に服さないようにしたりもする。しかし、息子は潔癖に兵に志願する。悪妻といわれる妻もごく普通の裕福な教育を受けた女性だったりもする。


H☆人間の卑劣さ。 そして、心の中にある神の心。 黒人奴隷を重宝に使い栄華を極めていた南部の人たちは選挙権をもつ黒人たちの復讐をどこか恐れる。 自分達が彼らの尊厳を無視してきた報いを恐れて。 リンカーンの穏やかな品性と幼い子供のよき父であるリンカーンの平凡さが、とても健全にみえる。 誰をも奴隷にしないこと。誰をもも搾取しないこと。誰をも差別しないこと。 誰の自由を認めること。 今、世界の不幸に、今の時代のリンカーンが求められる。
Tags: via ljapp
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments