Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

バラクラに行きました!

6時32分の学童バスで黒姫駅に。 7時4分の信越線に乗って、無事に長野東急前のバスに乗り込みました。 今年の参加者は(長野から)25人で昨年は43人とのこと。東京や関西から(泊まり込み)14台のバスがオープニングのセレモニーに向けて参加とのこと。 東京だと恵比寿三越や京王デパートに入っているそうですが、品川駅にキオスクもできてお菓子やケーキ類は売ってるので、随分たくさんの顧客がいるようです。 私のとなりのバスの席のかたは長野市内にお住まいでオーダーしたという素敵な東急に東京から出展したという別のブランドのお帽子を被ってました。

梓川のドライブインでトイレ休憩しました。山々に雪が真っ白で美しかったのですが雨が時々降って来るのでした。 2時間かかって「バラクラ-ガーデン」に着いたのですが、長野が一番乗りだったようでした。時差をつけて他の地域からのバスが着くのです。長野からの参加費は3000円です。 お昼も1時間待ちで、待っている間にほかの出展ショップ等見て回るのですが、バラクラ(薔薇色の暮らし)のお洋服はとても高いのです。  年齢層の高い層が、かなりの大人買いをします。富裕層には安心な世界だそうです。  私は庭に関心があったので、それなりに楽しめましたが1万坪とのことで維持も大変なのはわかります。  兎に角、バラクラショップはマメで、お電話と通信物がマメに来ます。 隣の席の女性もマメに電話をいただき、参加したとのこと。 一緒にお昼をしたり、子供のことを話したり楽しく一日を過ごしたのですが、他にもバスケットが縁で仲良く住所を交換した白金の人や自由が丘のブティック経営の人とお友だちになりました。 ハンギング-バスケットは、今日はレクチャーのない日ですが、もう一度訪ねるのはとても大変で、奈良から出席のかたと一緒にプライベートレッスンを受けることになりました。








Subscribe

  • 五月病関連読本!のコピーです! 私のテーマの一つは日本の誇り、アジアの和!

    源氏香のカルタを作って見たのだが、紫式部の愛読書が宇津保物語! 本物の芸術の話!そして、大和から遣唐使が難破して運ばれたペルシャの地から、白馬にのせられ、仙人に学んだ中国の七絃の琴(きん)は、ユネスコの世界遺産になりました! 宇津保物語から地震が起きたシーン。…

  • 宇都宮功の本。

    この人の事はまるで知らなかったが、とても成功している画家のようだ。 1945年、盛岡生まれ。 私が1947年生まれなので、かぶっていて時代の流れはよくわかる。 そして、作家やギャラリーの名も知っているので、情報として実によい本だった。…

  • 携帯の調子が悪い!

    木嶋佳苗が獄中で書いたと言う実話。 正直に書かれていると思う。 世の中には悪い人が多いものだ。 若い高校生の彼女を騙した詐欺師や母親の交通事故による脚の切断。 恐ろしくおませな社会との関わり方。 偶然か?祖父の馬の受精やヤマギシ会での牛の受精見学が性への好奇心を育てる。…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments