Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

大雨になりました!


 この間購入したハンギング-バスケットに買ってきた苗を入れました。

 ズッキーニ!

雨でペンキは濡れません。

 薔薇も避難。

今夜はざるそば。

☆バスは黒姫駅までで、運転手さんが「乗り継ぎ券」を出してくれました。「野尻湖までいくの?」と訊かれたのです。

 

 「熊沢」行きが3時38分に来るので、喫茶「しなの」でレモンスカッシュ。

 

 次のバスの運転手さんが「乗り継ぎ券?」を知らないようなので、ドアを開けてくれなくて困りましたが、一緒に古間松尾から乗ったお婆さんが説明してくれて、無事に乗り継ぎ券が有効で古間松尾から200円で帰れたのでした。

 

 その間、地元の人がカートを滑らないように持ってくれたり、親切なのは助かりましたが、過疎地なので交通の便が悪く、小さな出来事が本当に大変です。

 

 固定資産税を10万円も払っているのに、住民票がないとダメとかで、「ふれあいバス」300円は乗れないのです。(前日、予約すると家まで迎えに来てくれ目的地まで連れて行ってくれる)

 

 コメリまでタクシーだと3000円ですから、ペンキ缶を買いに行くためには贅沢過ぎるので歩いて節約するわけ。

 

 それで、5000円くらい節約できたので、お花がたくさん買えたのでした。

 

☆過疎地の人には大きく分けると二通りあります。

 

 余所者だから、ふんだ食ってやろうと言う人。

 

 少しでも気持ちよくいて貰おうと言う人。

 

☆いつぞやは、歩いて5分のところを遠回りして1500円くらいタクシー料金をとられたりしました。川中島でのこと。
 軽井沢でも信じられない遠回りをされたこと2回。

 

 嘘みたいですが、品川から五反田まで3000円とられたこともありました。「今日が初めてのタクシー運転仕事。」と言うので、可哀想すぎて何も言いませんでしたが、ナビの通りするとそういうことになるそうです。

 

☆人間の心がけというのは、ちゃんと加算されて、幸福と不幸をつくっていくと思うのですが?どうでしょう?

 


☆今日の雨は恵みの雨です!
植物を育てていると、本当に水分は必要ですもの。

 

☆昨日、アーチを組み立てていて思ったのですが、美術学校にいって良かったと思うのは、工作仕事が苦にならないことです。

 

 今日のカートも、ペンキ缶2個(白、緑)と、花の苗15種くらいと、洗濯石鹸(ナカジマもよりました)、常備薬、刷毛やタオル等相当重かったのですが、持てるのも、美術学校で重いものを持つことが多かったからです。

 

 65歳にもなると、人生に起きた色々な出来事が肯定的に見えて来るのもいいことです。

 

☆もし、年金がなかったら私も貧困女子かしらと思うアートと言う仕事なのですが、主人のお陰で「普通」でいられるので、やはり、ありがたいですけど

 

 姑が雨の日に転んで右手を骨折したと娘からのメール。

 

 私の神山天国も危ういものになってきました。

 

☆雨が止んだら、ペンキを塗って、アーチを立てて、薔薇の苗を植えたら東京へ帰りましょう。

 

 それで、食材をなるべく買わないようにしているのです。

 

☆この頃は、失敗だらけの自分の人生を少し肯定できるようになりました。

Tags: via ljapp
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments