Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

今日の読書!

「The curious case of Benjamin Button」

 

ベンジャミン-バトン
    数奇な人生。

 

スコット-フィッツジェラルド著。

 






☆今、郵便が届いた!
 どれも古本ですが、状態がいいです。

☆2008年に映画化されているらしい。ピット主演とのことなので、ビデオでも借りたい。

 

☆ドクダミ-バスに入り、髪を洗って
 ワンピースに着替えて読書しているのは、とてもいい感じです。

 

☆スコット-F-フィッツジェラルドさんは、アメリカの特権階級を描くのが好きなんですね。

 

 この物語も父親は生まれた息子にイェールに入れる夢を見る。

 

 

 

 現実に70歳に見える風貌に生まれた息子、ベンジャミンはイェールに合格するが、入学してから50歳に見える彼は「お父さんでしょう。」と大学から拒絶される。

 

 ベンジャミンの息子はハーヴァートに入り、ベンジャミンはその頃若く見えて20代に自然に見えてハーヴァートに入学して華麗なモテモテの大学時代を送る。

 

 事業に大成功したベンジャミンはアメリカらしい特権的な体験をするのだが、回りの反応は人間の俗物根性から抜け出せない。

 

☆この作品はスコット-F-ベンジャミンの「華麗なるギャッピー」に比べ駄作だと思われ、短編集から抜けていたそうだが、結構、面白い。

 

 人間の愚かしさが分かりやすい。

Tags: via ljapp
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments