Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

運命はしかたがない。

 バリは公園で非常に魅せられた少年、ジョージと仲良くなり小説に書いたりした。

 

 その時に乳母車にのっていたのがピーターで、ある日の若い弁護士夫妻のパーティで、憧れの作家の娘である妻とその子供たちが、公園でであっていたことを知った。

 

 当時は乳母車を引いていたのは乳母か家政婦だったのだろう。

 

☆バリは耳とか鼻を動かせる面白おじさんだったらしい。

 

 ジョニー-ディップは適役だったようだ。

 

 そして、若い女優にすぐ熱をあげるバリだったが、妻は限界を知っていたので許せたらしい。

 

 つまり、少年であると言うこと。妻のほうが子供を欲しがっていたと言う。

 

☆若い弁護士のアーサーの出身も名士で彼の兄弟の5人もケンブリッジ大学を出ていると言う優秀な出。ビクトリア女王の前で権力を否定するほどピュワーな聖職一家だったと言う。

 

 妻のシルヴィアは父はパリの絵描きで、ロンドンに帰って風刺画のパンチ(漫画)作家として成功し裕福な服地商の娘と結婚した。

 

 弁護士の夫は経済的に充分ではなかったようだ。

 

 そのため結婚を待ち、アーサーが遺産を手にしたり、シルヴィアが舞台衣裳の仕事を得て収入を得たり、父親の小説のヒットで援助金が出たりでようやく結婚できた。

 

Tags: via ljapp
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments