Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

素敵な映画!「この森で、天使はバスを降りた。」


原題はアメリカの軍用機の名前のグリル。

 

アメリカの北部。

 

癒しの薬。

 

森!

 犯罪の理由は罪でないこともある。
 義父からの虐待から逃げ出したかった娘。正当防衛のような殺人。性犯罪から子供を流産しても罪意識を持つ少女。
 刑務所から刑期を終えて出てきた少女は娘となり、知らない町にやって来たが、人間は前科ある殺人した少女に偏見を持つひともいる。

 

 娘は本来の無垢な善意で人を惹き付け、助けるがそれを妬む人もいる。

 

 濡れ衣を着せられても、人を守るために自分の命を失った時に、彼女を誤解し苦しめた人たちは、天使だったときがつく。森の過疎化を救い、生き甲斐や生活を救い出してくれた天使だったと。

 

 森は美しい。

 

 人の世はよき人間を追い出してしまう。

 森に住む人の作る鳥のオブジェが素敵だ。

 教会の葬儀で悔いあたらめがある。良心が誰にでもある。それが救いだ。

 風がカーテンを泳がすいなくなった娘の部屋。

取り戻された親子の絆。

罪を犯した人への理解。

 新しく来たの母子家庭のレストランオーナーは、作文コンテストの優勝の賞品として、レストランをプレゼントされたが、その作文には「子供にチャンスをあげたい。」と言う。子供の望むことを叶えるためにレストランを経営してお金をつくると。

 

 この10年も売れなかったレストランを作文コンテストで参加費100ドルのアイデアを出したのも天使だった。

Tags: via ljapp
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments