Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

被害者を家族のように心配する心。

 


☆司法精神医学が専門の村上千鶴子さんは、著書ストーカーで、コミニティ-の喪失や孤立がストーカーに忍びよる余地を与えている。

 

海外では、暴行におよぶ可能性が高いストーカーを、治療で未然に防ぐことを目的とする研究があると言う。

 

☆私は、やはりどんな人でも尊重する基本教育が必要だと思う。

 

そのフィリピンの混血青年は、大学にいかなくても、容姿が良いようであるので、希望があればモデルでも俳優にもなれたのではないか?

 

性格を明るくし、別れたい彼女を解放し、見返すくらいのきがいがあれば、若い日の苦い思い出として過ぎていっただろう。

 

☆私はその自己尊重には、生まれた時からの多くの人の愛だと思うのだ。

 

☆大学生でないのに、大学生だと言ったのは、いくども学歴によって、嫌な思いをしたのかもしれない。

 

若い女性は、嘘をなじったのでなくとも、引いたのかもしれない。

 

正直に生きる人には、それは驚きだ。

 

☆別れる時は、相手の面子を立てることだ。両親もご馳走して頭を下げて、花を持たせるような方法も、警察が何もしてくれない以上、有効だったかもしれない。相手の親とも話あってもいいかもしれない。

 

そして、親戚に預けても旅行にいっても 良かったのだ。

 

これは、集団のいじめと同じくらい彼女を苦しめたと思うからだ。

 

Tags: via ljapp
Subscribe

  • 五月病関連読本!のコピーです! 私のテーマの一つは日本の誇り、アジアの和!

    源氏香のカルタを作って見たのだが、紫式部の愛読書が宇津保物語! 本物の芸術の話!そして、大和から遣唐使が難破して運ばれたペルシャの地から、白馬にのせられ、仙人に学んだ中国の七絃の琴(きん)は、ユネスコの世界遺産になりました! 宇津保物語から地震が起きたシーン。…

  • 宇都宮功の本。

    この人の事はまるで知らなかったが、とても成功している画家のようだ。 1945年、盛岡生まれ。 私が1947年生まれなので、かぶっていて時代の流れはよくわかる。 そして、作家やギャラリーの名も知っているので、情報として実によい本だった。…

  • 携帯の調子が悪い!

    木嶋佳苗が獄中で書いたと言う実話。 正直に書かれていると思う。 世の中には悪い人が多いものだ。 若い高校生の彼女を騙した詐欺師や母親の交通事故による脚の切断。 恐ろしくおませな社会との関わり方。 偶然か?祖父の馬の受精やヤマギシ会での牛の受精見学が性への好奇心を育てる。…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments