Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

誠実と思いやり。


☆漫画「黒子のバスケット」作者への怨恨のため、毒入り菓子。母校への脅迫。

 

☆他の高級ホテルレストランで偽装肉。

 

☆今日はミケランジェロの「天国と地獄」のためのデッサンや制作態度を聞いて、イタリアのなかの独立国ヴァチカンで幾度もみたあの遠大な計画で描かれたシスティーナ礼拝堂の絵のための素描を観て、死後の審判を信じた。

 

☆仏壇屋「はせがわ」での薬師寺の僧侶の講話への招待。

 

因果応報。普遍性。神の正義の確かさ。

 

☆不思議と美術館での満員なビデオも、前の席が空いて一等席に座れてしまう。

 

天使がこの美術館訪問を助けてくれるように睡眠時間4時間を支え、JRの中でも座れてしまう。

 

家に着いた途端、どしゃ降りの雨になり。

 

☆これだけ真実と正直に生きるものを愚弄するかのような社会になっても、永遠性の見える不滅な世界。

 

☆「階段の聖母」息子イエスの行く手を見る眼差し。

男性をモデルに女性を描いたのだそうだ。


肖像画を描かれるのを嫌ったそうだ。

☆人の生き方と言うのは、自分の使命に関しては誠実に。

 

弱者への思いやり。

 

☆晩年に彫ったイエス像はちいさなものであったが、彼にとって拠り所であった自然な温かみを感じた。

 

サーカスとミケランジェロ展を観ると人体デッサンが無性にしたくなる。

Tags: via ljapp
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments