Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

「そう煌」黒川博行著を読み終える。

 

日本画壇の実像のような推理小説。
怖い。
弱者は最後まで弱者のような。

☆私は洋画、日本画、彫刻、工芸専攻でなくて本当に良かったと思いました。 西安で個展をサポートしてくれると言うお手紙を頂いたことがあります。平山郁夫のらくだの通商の行列の絵を絨毯にしている国営のギャラリーでしたが、返事を出さずにしてあります。それで良かったと思います。 実力以上に見られるようなことはしてはいけない。分限を弁えると言うことを大事にしたいと思ったのです。 ☆日本の美術世界は本当にひどい。 ギャラリーで絵を観てるだけで、「買え。」と言う言動はとても多いのです。 この間も久しぶりで、銀座にいったらギャラリーがひとつ消えて増した。その支店は高輪にもあるのですがいつの間にか無くなっていたものです。 銀のミニチュア「源氏の窓」を7万で買わされた時の怖さはもう2度と足を運ばせばないものでした。 本能的にお行儀のいい、声を荒げる事の無い人を選ぶんでしょうね。 作家から頂いた葉書でオープニングパーテーに行くと、しきるひとがいて「あばたはこれ。」と買うべき作品を押し付けるのです。それを見ていた第三者が注意してくれたお陰で絵を返せたのですが、外でその作家に会うとプイと言う表情をされます。恥をかかせたと言う加害者にされたのです。 そういうことばかりであまりギャラリー巡りはしません。 自分も作品を売っているのでわかるのですが、本当に売れないものです。 ☆この本は日本芸術の最高峰と言う芸術院を推薦してもらうために2億のお金を審査員にばらまく話です。 選挙の票を得るために金銭の他、波山のお茶道具500万円を配ったり、なのある作家の作品を高額で買うのです。暗黙の了解で長年続いて来た方法で、芸術院になれば文化勲章もすぐらしく、2億かけても絵の値段が上がるので投資として見合うのだそうです。 ☆これが、つい最近の日展のてん刻の部門の不正事件で紹介された本なのです。 作者は京都市立芸大を出てます。絵の教師をしていたそうですが彫刻を出たそうです。 ですからよく見聞きしている世界なのでしょう。
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments