Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

やはり実力があれば世に出れる。

☆今回は京都でギャラリーにいくので
ファイルをもってきているのですが、2億使わなくても、真面目にやっていれば何かが生かしてくれるのだと思う。

 

上は初めての個展の時に毎日デイリーニュースが記事を書いてくれたもの。

 

☆下の新聞も村田陶という陶淵明の好きな似顔絵を描くサラリーマンで有名になり「徹子の部屋」にも出ていた人がある日、私に「易カルタで占なって。」と言って占ったら、大変よく当たる日本経済新聞に推薦して出たものだが、朝日新聞の編集長から「誰と寝たのか?」と訊かれずいぶん驚いてしまったものだ!黒川博行さんの小説だと女性画家が男性作家と寝て「入選」「特選」「大学講師に斡旋して。」と出て来るので、そういうこともあるのでしょうが。

 

☆そして、この間、波山展で経歴を読んでいたら明治天皇妃に作品献上というのもあったけれど、私の百人一首も美智子妃殿下に37歳の時に献上されたが、それもあるところに展示していたものを理事長が見つけ献上依頼をしてきたもので、なんの工作もお金も動いて無いのである。

☆日展の腐敗.テン刻界の腐敗は別世界のようである。

 

私も目黒カルチャー教室で習ったことがあって、お道具を持っているがその教師が「書道でなをあげるのが難しいのでテン刻にした。」というのを聞いて、名をあげるためにするの?と嫌な気持ちになりテン刻世界の最高峰の先生にその事を知らせたら「辞めなさい。」と言われたので、今のところプロに任せることにしているのだ。

 

名をあげるとかお金をもうけるとかが先になってはいけないと思う。

☆若い作家の個展に12月1日に行くが、真面目に真剣にやっているひとは応援しなければいけないと考える。

 

私はコネとかお金を言う人が好きになれない。

 

まして、他人のお金で自分達だけが潤うと言うのは?である。

 

全く入選できる可能性の無い人から1万円づつ集めた神経はやはり批判されても仕方がないと思う。

Tags: via ljapp
Subscribe

  • 五月病関連読本!のコピーです! 私のテーマの一つは日本の誇り、アジアの和!

    源氏香のカルタを作って見たのだが、紫式部の愛読書が宇津保物語! 本物の芸術の話!そして、大和から遣唐使が難破して運ばれたペルシャの地から、白馬にのせられ、仙人に学んだ中国の七絃の琴(きん)は、ユネスコの世界遺産になりました! 宇津保物語から地震が起きたシーン。…

  • 宇都宮功の本。

    この人の事はまるで知らなかったが、とても成功している画家のようだ。 1945年、盛岡生まれ。 私が1947年生まれなので、かぶっていて時代の流れはよくわかる。 そして、作家やギャラリーの名も知っているので、情報として実によい本だった。…

  • 携帯の調子が悪い!

    木嶋佳苗が獄中で書いたと言う実話。 正直に書かれていると思う。 世の中には悪い人が多いものだ。 若い高校生の彼女を騙した詐欺師や母親の交通事故による脚の切断。 恐ろしくおませな社会との関わり方。 偶然か?祖父の馬の受精やヤマギシ会での牛の受精見学が性への好奇心を育てる。…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments