Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

「アンナーハーレント」を観に行く!

京都のlさんがご主人にと言ってくださったお菓子。

 

☆岩波ホールを検索したら、この映画は満席で1時間前にチケットは売り切れになると言う。
早めにチケットを買って、食事でもしよう!

 

☆川村神父様がお亡くなりになった。
まだ、お若いのに。おそらく60歳に少し。

 

祈ろう。

 

☆裁判をしている友人Hが敗訴したと言う。弁護士が先方に札びらで寝返って独立事務所を作ったそうだ。

 

地上では悪も持つ勢力も強い。
明らかに不当なことも通ってしまう。

 

神の正義は奥深いと思う。

 

こちらの方も祈る。

 

☆今日オープン!

☆テレビで絵本を許可なく翻訳して海外で出版して1400万円の収入を得ていた夫婦が逮捕されたと言うのを放映していた。

 

作者も訴えるくらいだから、世界中の人に読まれて嬉しいとは思わなかったのだろう。

 

私も常々思うのだが、許可なく私の電話番号や住所を教える人が多くて、また訪ねてきたり、会ってくださいと言われ無視すると自分の方が如何にも心狭い愛のない人にされ、これはどういうことだろうと何時も思っていた。

 

許可なく、私の絵本の朗読をされたばっかりだが、他人のものを自分のもののように発表する人は多い。

 

☆日展の腐敗も、個人の出世や名誉欲、金銭欲のためにだからやりきれない。

 

自分一人で荒野を歩いてオリジナリティーや普遍的なアートを作る努力をすることなく、権威に寄りかかり弱者を食い物にする。アートの心から離れている。

 

お金を払わない入選者や特選者は今度は潰しにかかるそうだ。

 

恥をかかせたと言うことなのだろう。

 

私も潰されかかった。

 

そんなときに、必ず助け人が現れて去ることができたので今も生きているが人と係わることの怖さを思い知ったものだ。

 

可能な限り、人を助けてきたつもりだったが、助けられた方は殆んどが無かったことにして、潰しにかかる。

 

これが人間だと言うことなのか?

 

☆汚名を着せられれ、このまま黙っているのが嫌だ。

 

友人のHはそれで裁判費用をずいぶん負担して闘っている。

 

私は、多分、神に一任するだろう。

 

ずるして、横取りして出版した人も見ている人はいるもので「チンピラ記者」と書かれていた。

 

私が見てあげて、受賞、大学買い上げになったアーティストも、その品性に相応しい作品しか作ってない。

 

人間は蒔いた種は刈り取るものだ。

 

地位や権威でおごっていたとしても、地上には神の正義が今も昔も明日もあるのだ。

 

☆早く出てきたつもりだが、あと10分で切符が売り切れる時間だ。買えなかったら夕方の方を買って、姑のケアハウスに先にいこう。

Tags: via ljapp
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments