Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

マララ。その4「ごみ山で働く子供たち」

 

マララとお母さんは、お父さんに頼んだ。
「お父さん、あの子達をただで学校に通わせてあげてよ。」

 


ごみ山でごみを区分して和束なお金を得る貧しい子供を見て。

 

母親は貧しく教育を受けていないが、いても困っているひとに手を差しのべていた。

 

貧しい身寄りのない子を引き取って育てていた。

 

☆その頃には、父の学校は3校舎で800人の生徒がいた。

 

100人の無料の生徒を引き受けていた。

 

貧しい子供たちは家で食事をだしていた。

 

ビラを配り、子供たちに教育の権利を訴えた。

 

それで父はスワートの有名人になっていた。

 

父は詩を書き、詩の祭典に参加し、平和をテーマにした詩を読んだ。

 

☆父は吃音立ったが、弁論大会で克服し優勝し、詩の朗読では多くの人に感動を与えた。


Tags: via ljapp
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments