Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

「もうひとりの息子」le fils de l' Autre

 


ユダヤ人の女性監督。
ローレイ・レビェ

主役の息子ヤシンの青年の美しさに心惹かれ、母親役のアリーン・ウマリにもうっとり。

 

民族のそれぞれの美しさと、普遍的な母親の愛。

 

人間ってどうしようもない。

 

パレスチナとイスラエルの確執。

 

そして、無条件の親子の絆。

 

赤子の取り違えがあり、敵に位置するパレスチナとテレアビブに育った18歳の青年たち。

 

貧富の差も、文化の差さもあるけれどそれぞれが堅実な愛のある家庭にはぐまれた健やかな若さが、観る方も、希望をもつ。

 

新しい時代は、理屈抜きの母の愛に似た人類への大きな大きな慈しみから創られる。

 


宗教も血も昨日までの歴史の憎しみも、超えて愛する家族、兄弟。

 


こんな取り違えなら、神様はどんどんおこしてほしい。

 

☆物語は、湾岸戦争でイラクから打ち込まれたスカッドミサイルの混乱でヨルダン川西岸のパレスチナ人女性がたまたま滞在していたハイファのユダヤ人の病院で出産せざるを得なかったところから生まれる。

 

☆西側のパレスチナ人がイスラエルにはいるのには、特別な許可がいる。

 

それで、青年はテレアピィブの実の親にあうのに、地理的にも精神的にも多くの垣根を越える。

 

一方、ユダヤ人であるもうひとりの息子ヨセフは3年の兵役の義務があるが、アラブ人ならその義務はなくなる。

 

ヨセフはアラブ語では、「真実の人」「正義の人」の意味であるという。

 

聖書では、マリアの夫や預言者のヨセフ。

 

二つの世界を繋ぐ名前としてヨセフは意味あると、白杵 陽氏はプログラムで書いている。

映画の中で、取り違えられた息子は「自分たちは、イサクとイシュマエルだね。」と言う。

 

本当に、イエスからの系図の中から、民族ができた。

 


物語だ。

 

素敵な映画だ。

 

青年たちは、互いの十字架を受け入れて、「成功しろよ。」と言う。

 

この映画の18歳の青年は、明るく強い。

 

医学をパリで学ぶ青年と音楽家の道を進む青年ばそれぞれの親の誇りだ。

 

世界中の若い人が強く明るく生きられますように。

Tags: via ljapp
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments