Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

貧困女子から夢のようなコテージ暮らしに。

独身女性の3分の1が貧困女子だという。
おまけに、貧乏の代名詞の画家。

私の場合は、孤独は少しも怖くない。

私は独身ではないが、結婚生活を始めたのは35歳だったし、結婚してからも4年はパリとボストンにこぶつき単身赴任していたので、実質は、40迄独身と言えると思う。

☆大学時代から、働きながらが絵を描いていたので、アルバイトやパートが時給いくらもらえるかは、大体知っている。

家から通っていたので、家賃も食費もいらなかったが、いろんな講演や催しものへの参加費や材料費が馬鹿にならなくて、けっこう忙しく働いて、若さのタフさで徹夜で絵を描いたものだ。

貧困女子であったが、絵の世界は貧困男子もさらに多く、何よりも無心が多く出さないどこちらがヒューマニズムにかけた非人間と糾弾され、苦しんだものだ。

☆しかし、それでも自分の好きな道を歩んでいる罪悪感があって、66歳のこの頃ようやく、罪悪感が抜けてきた。

だって、私、頑張ったのだもの。

☆父も母も働きものの勉強家で、父はいつも囲碁か中国語をしていて、私は「なまかわ」と、怠け者の意味で言われていた。
母も着物の着付けなど玄人のように帯を結べる人で、「1日、みていたけど着崩れしないね。」とよく言われた。

☆母方の祖父の父が、岡崎の七つの倉を潰した画家だったので、家では「絵描きはごくつぶし。お前のために家が潰されてたまるものか。大学を出たら、1円も出さない代わりに何をやってもいいから、自分で働いて絵をしなさい。」と言われたのだった。

☆しかし、この教えは稀のようだ。
私の女子美術の同級生は親がかりが多かった。

そして、世の中は、お嬢様ブームで、「お育ちが悪い!」と働く貧困女子の私は「お嬢様でない!」と、蔑視の対象だった。

しかし、私の家では母も結婚前は小学校教師として働いていたで、働くことは尊いことだった。

それで、羨ましいと思ったこともないし、恥ずかしいと思ったこともなかった。

☆女子美術の同級生たちの中には、絵で頑張るよりもいい条件の結婚を考えて人とも多く、私の知っている限りでは、デザイン科の学生の伴侶は世間で言う1流大学出身のエリートばかりで、結婚して絵を趣味にして豊かに暮らしている。

ごく稀に同業者と結婚した人もいでそういう人たちは、今も展示会の案内状が来るので続けて制作をしているようだ。

☆私が世間に恐ろしく疎いのは、私のアートが極めて精神的なもので、この世の価値基準に抗ってきたので、生粋の貧困女子にならざるを得なかったのである。

☆世間知らずと言うのも、やはり、誉められたものではなく、自分の20代は地獄であったと思う。

30代からは錬獄で、浄化の時代で自分の世間知らずの償いの時代で、それが30年ほど続きいた。

それが、今は天国にいるかのように思えるのだ!

光がシャワーのように、降り注ぐ。

そして、今は貧困女子ではない。

天の恵みか?

今、貧困女子のただ中にいる人も、天が知っていて時がくれば、天国の日が訪れると思う
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments