Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

「少女は自転車にのって」と「丸木 俊」


サウジアラビアには、映画館がない。

10歳の女の子が自転車にのりたいという。

 

イスラムの世界では、女の子が自転車に乗るのはとんでもない。

 

コーランの教えは、教育の要。

 

スニーカーニにオークマンの10歳の女の子は、男の子に軽んじられるのが我慢できない。

 

家系図に女の子のなはのらないし、母親も男の子が生まれなければ、第2夫人を迎え離婚させられてもしまう。

 

そんなイスラム世界に本能のように抵抗し、減らず口をきく女の子。

 

どこの世界でも居るんですね。

 

コーラン朗読コンクールの賞金は、強制的にパレスチナへの寄付。

 

☆丸木 俊

1912年生まれ。
女子美術学校卒業っ

 

代用教員、外交官家庭の家庭教師として、ロシア滞在。

 

画家丸木位里と結婚。

 

丸木位里氏は顔の半分がアザで、3度目の結婚。

 

絵が売れず貧困生活を送る。

 

位里の故郷、広島に原爆落とされ、投下直後に、夫婦で広島へ。

 

体力回復のため、東京から湘南へうつり、畑などから食べ物を得て健康に。

 

体力回復後、夫婦で広島被爆風景を描く。

 

絵をヨーロッパやロシアやアメリカに運び展示。

 

アウシュビッツ絵図も描く。

 

☆広島被爆には、アメリカ人、朝鮮人、オーストラリア人も含む。

 

南京虐殺やパールハーバーの被害者たちと、原爆被害者たちの苦しみ。

 

また、日本兵が中国で1人,10人強姦する事を命じられ、りんかんされてころされた10歳から、70代の女性の被害者たちに、俊は謝ったりもする。

 

☆平和のために、
1967年、千葉に丸木位里 俊美術館が建てられる。

 

☆☆☆
私はどういうわけか、三里塚闘争のおりに、この美術館を訪問している。

 

普通の民家がとなりにあった。
皆で、てんぷらにするたらの芽を摘んだのを覚えている。

 


画廊には、俊さんの姪というひとがいた。

 

俊さんは北海道の寺の娘に生まれ、差別解放などの運動とも連結しているようだ。

 

☆生きることは、たいへんなことだ。

 

醜い現実を観る絵画。

 

祈り。

 

位里の母親も絵を年取ってから描き始めていたが、手伝ってくれていた若者がお金を無心したのを断って殺された。

 

二人の間に子が生まれなかったが、日本の被爆を世界に知らせる義務、使命があったのであろう。

 

☆昨日、福島の人にあった。
桃園をやっていて、奇形のかぶと虫が密集してぞっとしたとのこと。

 


☆クリムトのカレンダーは、愛が滴るようで。

Tags: via ljapp
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments