Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

自分の画業!

↑大姑の書。
私の絵と色紙交換をしました!

☆この章を読んで考える。

 

自分は66歳だけれど、未だアートをつづけている。

 

18歳の11月からデッサン2ヶ月。私の親は大野さんの親と違って、芸大でなければと言わず、女子美術のデザイン科に限って受験を許してくれた。

 

それは美大で悪い男に引っ掛かる可能性がなく、戦争を経た親が離婚しても死別しても未婚でも生きていかれるようにと考えたのであった。

 

☆20代後半の出版物は易カルタ2種。
2800円と1000円で、印税は10%。

 

☆30代半ばの出版物の百人一首は最初30000円くらいで、数年前ははギャラリーで85000円で売られていた。原画を200枚買い取りだったが、300万で現金でなくカルタでもらった。

 

☆20代にはファンシーグッズも出版したが原画の値段。

 

自分の記憶では、売り込みはしたことなく、ほとんど個展会期中に仕事が来た。

 

しかし、アルバイトは絵に関係ないものをたくさんした。

 

好奇心とバランス感覚で、裏の評価されない仕事を知らなくてはいけないと思ったからだ。

 

ボランティアもたくさんした。

 

自分バランスで、3分の1がアート。3分の1が家庭。3分の1が奉仕。

 

このバランスがいいときが幸せ度が高い。

 

☆出版本は4冊。
「宇津保物語」英語訳、口語訳。
「マリアコード」
「コノハナサクヤ姫物語」英語訳、口語訳。
「二十四孝物語」中国語原典、口語訳。

 


全部、人から頼まれたものだが、出資は自分。

 

印税をもらうより自己管理したい考え。

 

☆学歴はアートには必要ないと言う考え。

 

アメリカでボストン美術館付属美大学に学んだのは、娘と滞在するためにビザをとる必要があったため。

 

  ハーバード大学の夏期スクールでデッサンをとったのは、英語が嫌いなのと、受験勉強デッサンを2ヶ月しかしてなかったので、いつか学びたかったので。

 

油絵も私は習ったことがないので、同じ先生に絵の具を出すところから3年ついて漸く学べた。47歳のとき。

 

この先生から、才能があるからとハーバード大学の正規の授業で学べることができたが、これはぎょうこう。

 

又、主人に奥さんは才能があるから協力するように、家まで来て言ってくれた。

 

☆と言うことで、油絵はまだ20年にもならずビギナーなので、面白くてたまらないところ。

 

☆私は高学歴者ではない。

 

しかし、それがずいぶん恵みに思えるのだ。

 

☆絵は全く売れないと言うことはないです。

 

↓風水の絵です。
運気を呼ぶため置いてます。

☆↓私の先生の油絵。

☆2階の私の部屋には未発表の作品がごろごろしてます。


初期の油絵。

桜尽くし。

☆私の部屋のお片付けをしないと!
更に、地下にも沢山絵がおいてあります。

Tags: via ljapp
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments