Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

「女性を食い物にする男」


今日の映画「ラブレース」と、林葉直子さんの人生が重なる。

 

「ラブレース」のリンダは、好きになって結婚した男に食い物にされた。

 

53歳で交通事故でなくなったリンダは、夫から逃れ、カネ儲けのため作られたイメージの背景の暴力をかいた。

 

自分で自分を救ったのだ。

 

☆林葉直子さんも、46歳の今、親から借金を背負わされたことを書き始めてる。

 

父親は、暴力をふるい、リンダの夫と同じように、高級車を買ったそうだ。

 

娘はむげんの打出の小槌だった。

 

リンダの主演映画がヒットして有名人になって、夫もどんどん変わっていく。

 

稼げる伴侶は、夢を実現してくれたからだ。

 

☆考える。
平凡の幸せを。

 

この前、花田家に嫁いだ妻が、マスコミにか困れ、経済的には豊かになったけれど、別れて、平凡な暮らしを得て幸せを感じていると言った!

 

☆私程度のアーティストでさえ、少しのお金の臭いを嗅ぎ付け、やってくる人達がいる。

 

赤の他人なら逃げることができる。

 

それで、出来れば結婚相手にしたいとおもうらしい。

 

弟子にする。宗教がらみの親子関係にもっていくというのもある。

 

☆人間はチャンスがあったら、娘や妻を働かせて、いい暮らしをしたいものか?

 

しかし、普通の並みの女性は男性が狂うほど稼げる能力があるわけでない。

 

そして、彼女たちを食い物にしたのは、身内だけでなくマスコミや関係者など多数で、皆で食い潰したのである。

 

☆生け贄。
犠牲者。
宿命的無垢な者。

 

☆本人が逃れる努力。

 

若い娘を救い出す男気のあるものはなかったのか?

 

恐らく、山のような屍がつまれているに違いない。

 

名もなく、誰からも知られずに。

Tags: via ljapp
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments