Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

今夜の読書。

          

バルティスの奥さまの言葉でバルティスを語る。

 

この本のなかで同意したところは、絵には普遍性がなくてはならないというところ。

 

絵を描くことは祈りだというところ。

 

私の求めるものと方向が同じのような。

 

☆初めて観たのは、今日、インターネットの検索での画像です。

 

不思議な絵です。

 

それで、すでにAmazonで届いていた
3冊の本を観ることに。

 

☆髪を乾かし中なのでベッドの上ですが。

バルティスはカトリック教徒なのだそうだ。

 

彼の絵のモチーフは少女のエロスが多いが。

 

彼は岡倉天心の「茶の本」を読んでいた。

 

☆ポーランドの貴族の血。
フランスで生まれる。
両親はドイツ国籍。

 

第一次世界大戦勃発に財産を差し押さえられ、家族はパリからベルリンに。

 

両親の別居にともない、母親とスイスのベルン、ジュネーブに移る。

 

☆バルティスはベルリンで国立応用芸術美術館アカデミーの入学試験に失敗。

 

11歳のバルティスは母親の恋人のリルケに励まされ、

 

13歳の時に画集「ミツ」が出版されることになった。1921年。

 

16歳の時にパリに修業へ。

 

イタリアに修業に。

 

☆1934年。29歳。
パリのピエール画廊で個展。
親にもリルケにも頼らず。

 

「ギターのレッスン」
センセーショナルに!

1点も買い手がつかず、批評家に黙殺。
ひとつだけ友人が書く。

 

「ギターのレッスン」はその後40年も一目に触れず放置される。

 

半年後に舞台美術の仕事につく。

 

☆幼馴染みのアントワネットと結婚し二人の男の子を得る。

 

☆39年、戦争に召集され、アルザスで地雷を踏み負傷による除隊。

 

スイスのベルン、フリブールと転移。

 

終戦後ジュネーブ、パリに。

 

☆1956年、美術館デビュー。
ニューヨーク近代美術館で個展。

 

☆1961年。
アカデミー ド フランスの館長。
ローマのヴィラメディチに住む。

 

66年、パリ装飾美術館で個展。
ニューヨーク近代美術館で個展。

 

68年、ロンドン、テートギャラリーで回顧展。

 

73年、バロセロナのカンティニ美術館で個展。

 

スイスのロンニエールの古城に移り住む。


私が心奪われているのは、天使から少女になるゆっくりとした変化、私が通過と呼ぶこの瞬間をとらえること。
                          バルティス

Tags: via ljapp
Subscribe

  • 五月病関連読本!のコピーです! 私のテーマの一つは日本の誇り、アジアの和!

    源氏香のカルタを作って見たのだが、紫式部の愛読書が宇津保物語! 本物の芸術の話!そして、大和から遣唐使が難破して運ばれたペルシャの地から、白馬にのせられ、仙人に学んだ中国の七絃の琴(きん)は、ユネスコの世界遺産になりました! 宇津保物語から地震が起きたシーン。…

  • 宇都宮功の本。

    この人の事はまるで知らなかったが、とても成功している画家のようだ。 1945年、盛岡生まれ。 私が1947年生まれなので、かぶっていて時代の流れはよくわかる。 そして、作家やギャラリーの名も知っているので、情報として実によい本だった。…

  • 携帯の調子が悪い!

    木嶋佳苗が獄中で書いたと言う実話。 正直に書かれていると思う。 世の中には悪い人が多いものだ。 若い高校生の彼女を騙した詐欺師や母親の交通事故による脚の切断。 恐ろしくおませな社会との関わり方。 偶然か?祖父の馬の受精やヤマギシ会での牛の受精見学が性への好奇心を育てる。…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments