Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

今夜の読書。

          

バルティスの奥さまの言葉でバルティスを語る。

 

この本のなかで同意したところは、絵には普遍性がなくてはならないというところ。

 

絵を描くことは祈りだというところ。

 

私の求めるものと方向が同じのような。

 

☆初めて観たのは、今日、インターネットの検索での画像です。

 

不思議な絵です。

 

それで、すでにAmazonで届いていた
3冊の本を観ることに。

 

☆髪を乾かし中なのでベッドの上ですが。

バルティスはカトリック教徒なのだそうだ。

 

彼の絵のモチーフは少女のエロスが多いが。

 

彼は岡倉天心の「茶の本」を読んでいた。

 

☆ポーランドの貴族の血。
フランスで生まれる。
両親はドイツ国籍。

 

第一次世界大戦勃発に財産を差し押さえられ、家族はパリからベルリンに。

 

両親の別居にともない、母親とスイスのベルン、ジュネーブに移る。

 

☆バルティスはベルリンで国立応用芸術美術館アカデミーの入学試験に失敗。

 

11歳のバルティスは母親の恋人のリルケに励まされ、

 

13歳の時に画集「ミツ」が出版されることになった。1921年。

 

16歳の時にパリに修業へ。

 

イタリアに修業に。

 

☆1934年。29歳。
パリのピエール画廊で個展。
親にもリルケにも頼らず。

 

「ギターのレッスン」
センセーショナルに!

1点も買い手がつかず、批評家に黙殺。
ひとつだけ友人が書く。

 

「ギターのレッスン」はその後40年も一目に触れず放置される。

 

半年後に舞台美術の仕事につく。

 

☆幼馴染みのアントワネットと結婚し二人の男の子を得る。

 

☆39年、戦争に召集され、アルザスで地雷を踏み負傷による除隊。

 

スイスのベルン、フリブールと転移。

 

終戦後ジュネーブ、パリに。

 

☆1956年、美術館デビュー。
ニューヨーク近代美術館で個展。

 

☆1961年。
アカデミー ド フランスの館長。
ローマのヴィラメディチに住む。

 

66年、パリ装飾美術館で個展。
ニューヨーク近代美術館で個展。

 

68年、ロンドン、テートギャラリーで回顧展。

 

73年、バロセロナのカンティニ美術館で個展。

 

スイスのロンニエールの古城に移り住む。


私が心奪われているのは、天使から少女になるゆっくりとした変化、私が通過と呼ぶこの瞬間をとらえること。
                          バルティス

Tags: via ljapp
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments