Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

バルティスの少女について思ったこと!

 


薬屋と100円ショップでの買い物も凄くあるので重いです。

 

肩が痛くなってます。

一応、今日のノルマのドイツ語レッスン終わったが、耳のレッスンはまだ!

 

鯉のぼりが見える!

 



ガーデンで買ったピーマン!

お花にはお水をやって明日に植えましょう!

 

☆Amazonから届いた本!
丁寧な梱包としおりまで。
古本ですがきれいです。

☆黒姫駅に着いてからは、あまりにも荷物が多いので、エレベーターもエスカレーターもないので、2度に分けて階段を降りたり上がったりしました。 カレーライスにも、未練があったのですが、ちょうど熊坂行きの6時8分発のバスがあったので、カートをのせて帰ることにしました。 バスの運転手さんが後ろの両扉をドアを開けてくれて、先に乗っていた婦人がカートをグイと引っ張りあげてくれました。彼女は長野の東急の紙袋で食糧をかってきたようでした。 ラベンダーの香りがバス中に充満して、どこでいくらで買ったのかと尋ねられました。 20%引きでしたので、ついつい紫陽花も薔薇も買ったのでした。 それにしても、いい買い物だと誉められたのでした。 降りるときは自分の根性でグイと引っ張り下ろしました。 学童バスは200円なので、大助かりですが中学生が幾人か乗っている程度の混み具合でした。 ☆セブンイレブンのところから、上って行くのですが、それはそれほど難儀でなかったです。 夕焼けが綺麗で、一日の疲労を癒してくれるのですよね。 ☆今のところの計画はお花溢れるアーチと西洋釣瓶井戸を描く準備をしているのです。 ☆バルティスは絵を描く前に少女のポーズ写真をポロライドで幾枚も撮影したそうですが(若いときはデッサン),ドイツエッセンにある美術館で今年、その写真展が企画されましたが、児童ポルノで中止になったそうです。 また、アメリカにワインのラベル用に描いた少女ヌードも児童ポルノの恐れがあると無地のラベルになったそうです。 アーティストは美術学校で普通に男女のヌードデッサンをしますから、一般人よりヌードにたいして慢性になっています。 また、少女や少年は誰でも美しいと思う時期があって、彼がそこに惹き付けられたのはわかる気がします。 スカートがまくれているのは、村上隆のkokoちゃんや少年フィギュアや草間彌生もぺニスの乱立したソファーのようなもので、あるいは北斎の蛸の春画のようなもので、ある決意のようなものだと思います。 小保方晴子さんの「ちょっとしたコツ」という実験の秘密です。 ☆私のアメリカの先生も大真面目な人種問題、アパルトヘイトの闘志でしたが、個展だと凄い男女の性を描いてました。 バルティスの奥様がモデルとなった日本の春画も、やはりアーティストの奥さまは凡人では勤まらないと思いました。 ☆バルティスは美術学校は通わず、独学だったそうです。それで、ご本人は大変な努力をなさって書き込みも100回を越えるそうですが、デッサンが狂っているんですよね。 でも、アートをたくさん観てきた人はアートの正確性を問わないでしょう。 バルティスが感じた美と、生まれ育ちの高潔さが児童ポルノと言われる画風に品を与えているのですよね。 そして、彼の品格や私生活の幸福が少女たちの未来に悲劇を感じさせない。性の予感。近づく大人の女への年齢を肯定するもにしている。 少女はやがて、性を知り、人として熟す。 バルティスが幸福な年よりになったように、少女たちが大人の女になることを讚美している気がする。 それが、彼の言う普遍性でカトリック教徒の仕事なのだと思う。 だから、彼は自分の作品は児童ポルノではないと言ったのだと思う。
Tags: via ljapp
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments