Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

マンデラの言葉。

肌の色や、素性や、宗教を理由に、人を憎むように生まれてきた人間はいない。

 

憎むことは学んだのだ。

 

そして、憎むことを学んだのだったら 、

 

愛することを教わることも可能なはずである。

 

愛することは憎むことより、人間の心にとって自然なものだから。

 

「自由への長い道」から1994年。

 

☆善人であると前提条件することで、
私たちと同じ人間性をもっていると前提することで、
私たちは人に尊厳を与える。

 

人を信じる心構えがあれば、人間の善意を信じる心構えがあれば、善をなしとげることができる。2004年5月10日。

 

☆他の指導者同様、私も時々躓いた。
だから、自分一人が栄光の座で煌めくことを要求することはできない。1996年2月22日。

 

☆与えられたものでなく、持っているものから何を創り出すかによって、人と人との違いが生まれる。1994年。

 

☆良識と人情を兼ね備えれば怖いものはない。1976年1月1日。

 

☆あるがままの人生に満足すべきだ。2003年。

 

☆周りの人を喜びと希望に満ち溢れさせるために生きなさい。2002年3月7日。

 

☆人間は自分の運命を自分で決められなければならない。1990年2月14日

 

☆聖人とは絶え間なく努力する罪人なのだと言うことを決して忘れないように。1975年。2月1日。

 

☆いつの日にか、
人類は真に高潔で立派な聖人を産み出すことができるだろう。
人類への純粋な愛情から、どんなことでもやる気になって行い、すべての人々に無私無欲で尽くす聖人を。
1976年8月19日。

 


Tags: via ljapp
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments