Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico


ラスプーチンは聖人ではなかったが、驚嘆すべき人物だった。p207.

考えられる答えはひよつしかない。
ラスプーチンは自分がいなくなればロマノフ朝が崩壊することを知っていた。

 

ラスプーチンはいくつかの戦争を回避させた。

 

ラスプーチンは徐々に堕落していった。

 

ラスプーチンの会話には常に地上の権力あるものに恥をかかせるという調子がこもっていた。

 

問題なのはラスプーチンが人間の性格を判断できなかったことである。

女性に暗殺されかかったことも。

Tags: via ljapp
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments