Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

描くことは祈ること!


幾年か前に作ったクリスマスツリーが
!

手を合わせお祈りをしているマトリョーシカが、きのこを持っているマトリョーシカになった。

 

☆世界は酷いところだ。

 

至るところで、傷つけ合い、殺し合い 人のものを奪う戦いがある。

 

日本でも可愛い小学生の女の子を47さいもの男が殺したと報道されている。

 

女の子の家族は一生癒えぬ哀しみを背負う。

 

そんな想像力のない男性の心はどこまで壊れていたのか?

 

それも社会に原因があるのか?
個人だけの問題なのか?

 

☆クリスマスが近づくと、やはり、小さなサンタクロースになって、ほんの少し良いことをしなければと思う。

 

☆マトリョーシカは子供のおもちゃや観光土産のようなイメージがあるけれど 実は素敵な愛の物語。

 

明治の時代に宣教師が日本に来た。
ロシア正教の宣教師で、帰国前に箱根山に訪れた。

 

「入りこ細工のだるま」が売られていた。

 

ロシアの宣教師は本国に帰る。
そして、かわいい日本土産の入れこ細工のだるまを見せた。

 

それで、ロシアの木地師がロクロを回して、女流アーティストが農民の女の人が働いている姿を絵に描いた。

 

2000年のパリ万博に出したら、銀賞をもらって、国中で作り始めた。

 

大きなマトリョーシカから次々と小さなマトリョーシカが出てくるので多産のイメージで幸運のイメージ。

 

それに、キリスト教の宣教師が日本からロシアに運んだのも、神様が関与していたのね。

 

☆朝日新聞の権威が落ち、ソニーもかっての栄光を失った。

 

変わらないものは愛。

 

庶民の心やさしさ。
子や老人への慈しみ。

 

農業や漁業だって助け合って日々しのいできたのよね。

 

普通の人が一番偉い。

 

誰も奴隷にせず。

 

搾取せず。

 

汗水垂らして、自分の食べものを得る人が。

 

☆飢えてる人にはパンを。

 

病んでる人には薬と暖かいベッドを。

 

傷ついている人には癒しを。

 

☆黒姫の近くに大人の障害者の学校があって、よく、そういう人たちとバスにのりあわせる。年配も人もいる。

 

その人たちは実は立派だ。

 

昨日も休日、一人のおじさんが国道のゴミを拾ってビニールに入れていた。

 

学童たちはバスでそのおじさんを嘲るように馬鹿にして目配せをしあっているのを観た事があるが、その40代のおじさんは聴こえないふりをして堂々としていた。

 

昨日はお休みだったので、学童バスはなかったが、おじさんはそれで暇だったので、道をきれいにしていたのだった。

 

神さまかもしれないな。

 

☆マトリョーシカを塗りながら 、こう祈ります。

 

どうか、本当によい人たちが幸せでいられますように!

 

人を食い物にする人。殺す人。傷つける人が地上から消えますように。

Tags: via ljapp
Subscribe

  • 五月病関連読本!のコピーです! 私のテーマの一つは日本の誇り、アジアの和!

    源氏香のカルタを作って見たのだが、紫式部の愛読書が宇津保物語! 本物の芸術の話!そして、大和から遣唐使が難破して運ばれたペルシャの地から、白馬にのせられ、仙人に学んだ中国の七絃の琴(きん)は、ユネスコの世界遺産になりました! 宇津保物語から地震が起きたシーン。…

  • 宇都宮功の本。

    この人の事はまるで知らなかったが、とても成功している画家のようだ。 1945年、盛岡生まれ。 私が1947年生まれなので、かぶっていて時代の流れはよくわかる。 そして、作家やギャラリーの名も知っているので、情報として実によい本だった。…

  • 携帯の調子が悪い!

    木嶋佳苗が獄中で書いたと言う実話。 正直に書かれていると思う。 世の中には悪い人が多いものだ。 若い高校生の彼女を騙した詐欺師や母親の交通事故による脚の切断。 恐ろしくおませな社会との関わり方。 偶然か?祖父の馬の受精やヤマギシ会での牛の受精見学が性への好奇心を育てる。…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments