June 8th, 2007

娘と銀ブラ!

 今日はかねてから娘がどうしても欲しいというヴィヴィアンのロングのスカートを買いに日本橋高島屋と銀座三越に行きました。殊勲なことに私のお気に入りのガラス製の珈琲ポットを割った弁償をしたいというのでそれも見に!
 日本橋高島屋に着いて、娘が奢ってくれるとのことで6階で中華を戴きました。それから、1階ずつお洋服を見て歩きました。可愛らしくユニークなのですが、お値段もいいのでパスパスパスです。そうして、1階まで降りたら可愛らしい手の込んだフランス製のバッグがあり私のバスケットと同じようにビーズやボタンが沢山付いていて色の組み合わせが絶妙なので、すっかり魅せられてしまいました。今日の私のお洋服は若草色の麻のアンサンブルの半そでのブラウスセットに同じく麻の黒と生成り色のスカートに象牙のイヤリングに象牙のついたバスケットです。その可愛らしいバッグは小ぶりの布製なのですが紫や緑やオレンジがとてもしゃれてるのです。現金の持ち合わせの無かった私はカードで買ってしまいました。夏のボーナスで払えるでしょう。
 それから二人で銀座まで歩くことにしました。どこにも寄らずおしゃべりをしている間に三越が見えてきました。4階のヴィヴィアンにまっすぐ進み、娘が問うと店員さんはお目当てのスカートを奥から出してきてもらい試着してお小遣いで買いました。そして、7階の雑貨売り場でドイツ製のステンレスでできて割れそうも無いポットを二人で選びました。「母の日のプレゼント」だとのことです。地下で軽い夕食ということで美濃吉のそうめんと冬瓜のえびの煮物ときはちのロール・ケーキを3人分買って地下鉄に乗り帰ってきました。

 こんなにのんびりとした1日は滅多にないのです。でも母が元気だったときは3人でデパート巡りをして、季節の衣服や催し物を鑑賞するのが平和な風景だったのです。今、病院でほとんど意識のない母の洗濯物を洗濯機にかけながら、本当にいつまでも続くものは無いんだなと思いました。

 さあ、今日は昨日ティム君がチェックしてくれた英文を絵と日本語に照らし合わせながらタイピングです。あれ、屋久島から道楽カメラウーマンの姑が帰ってきました。主人も帰ってきましたのでロール・ケーキを戴くために娘は紅茶の用意をしています。
実に普通の家族なのだなと思いました。