June 14th, 2007

労働者-縷衣香

 今日は雨、そして朝は意外と早起きでコンピューターに向かいました。
自分の本の絵の編集と英語の直しを書きなおす。日本語だって難解な古事記を英語にするなんて、とんでもないことをよくします。タイプは下手で遅いし、さらに暑いのでやや苦行。

 そうこうしつつも予定通り終わって、母の洗濯物をバッグに詰めて、自分のプリントした英文を持って、ティムに渡し母の入院している病院までタクシー。そうしないと夜の中国語クラスに間に合わない。母は相変わらずだけど顔色がいいので当分大丈夫そう。痛くも苦しくも無い感じです。汚れ物と交換し、肌がけも汚れていたので、交換し看護婦さんから次のケアセンター状況を書いた紙に求められてサイン。そして、折り返しタクシーで帰りギリギリ15分休みでお茶とル・ノートルのえんどう豆パンを頂きます。

 中国語は雨の中、歩きです。結構あるのよ。大学だから自分も学生のようにナイキのティーシャツにジーンのスカートにハンティングの紺色の帽子。靴はビニール透明の雨靴。それで、駆けていったら結構いい時間に着きました。このところ難しいので、怠惰な私もザット復習していきました。

 不思議ね。難しいのに楽しいの。眠たくて眠たくて仕方が無いのになんだか楽しい。今日は若いOLの娘さん3人に単身赴任の私位の男性が授業終わる10分前くらいにいらした。先生や別のクラスの一人身の方達がこれから夕食を頂くのでそれに合流するためいらしたのであろう。
私は若いOLの方と家路に向かうグループ。

 いろいろな人生があって、どの道も楽しいことがあるのね。

 今日は、先生に中国で篆刻で印を彫ってくれた画家の中国語読みを聞きました。彼は私の次の本にその印を使うといったので、その本を是非送ってくださいと言ったのです。それで、少し絵本の後書きで紹介したいので、英訳のスペルも先生に聞きました。

 今日はへとへとなので、もう寝ますが、振り返ると無駄なく神様に守られて1日が終わったようです。

 帰ってきてから夕飯を頂く。素朴なご飯に卵をかけたり、お漬物だったりです。ブート・キャンプもお休みです。