August 15th, 2007

終戦記念日

 今日は私の名前「縷衣香」の検索数が3000でした。
 また縷衣香NOWのメッセージが331でした。
 三千界、三位1体の意味ですかね。
 終戦記念日に世界に神とキリストと聖霊が一致するメッセージ。

 「愛」「真理」「美」が一体となるメッセージ!

 私は蚊帳教会で祈られた方々のブログを昨日、プリントアウトしてました。
ファイルにして、後でどなたでも読めるようにと思います。
それぞれの蚊帳教会との出会い、そして祈りと決意!
それは、平和を願い、そのために働きたいという決意だったのではないでしょうか?

 会う人、会う人。美しい顔が輝いて緑に囲まれた小さな蚊帳の教会からでてくる人は、団欒し、楽器を奏で、絵を描き、心地よいそよ風に吹かれてました。

 誰でも持てるものを輝かし、
 誰でも人の輝きを賛美し、
 咎めるもの無く
 声を荒げるものもいない。
 わかちあいの食卓には
 溢れるほどの自然からの贈り物。
 多すぎもせず
 少なすぎもせず
 与えられた
 空間!

 私はイエスを見る。

 あなたは信じなさいとおっしゃる。

 「私は何もかも
 あなたたちの欲しいものを知っている。
 私は何もかも
 与えることができる。」

 私の人生は、あなたとであったときから
 素敵なことばかりになった。
 あなたを信じた過程で
 嵐の日も地の揺れる日もあったが
 あなたを信じていれば
 なにも怖くは無かった。

 あなたがおっしゃるように、
 岩をも動かす信仰をもって
 異国の母子家庭も
 社会の荒波をも
 何も恐れず
 生きることができた!

 私はあなたが
 愛しているから
 誰をも愛したい!
 私はあなたが
 望むから
 怒りからも
 争いからも
 無縁でいたい!

 あなたは大工の息子だった
 あなたは庶民の子だった
 あなたは聖母と聖ヨセフに愛され
 人は愛されなければ
 生きていけないことを
 知っている

 他人の苦しみは
 私の苦しみ
 他人の喜びは
 他人の喜び

 私は地上が
 あなたの望むように
 人種の差別もなく
 富めるものは与え
 貧しいものは喜んで感謝して受け
 誰をも上に立たず
 誰をも下に置かれない
 そんな日がくることを
 祈る

 わたしたちはそれぞれ違って
 それぞれ素晴らしい!
 わたしたちは忍耐強く
 他人の良いところが見えるまで待とう!

 たしかに
 困ったさんもいるが、
 私も別の
 困ったさんであるし、

 たしかに
 素敵すぎて何もかも
 独り占めしているように見える人もいるが、
 もしかしたら、 
 その人はとてつもない代価を払っているかもしれないよ!

 妬む心が出てきたら
 静かに押し込めて
 自分にも輝きがあることに
 気がついたらと思う

 公平な神様だもの

 本当は皆もっともっと輝ける!
 
 イエスさまは「与えなさい。
 そうしたら、与えられる。」とおっしゃった。

 多く与えて
 多く喜びを与えた人が
 多く与えられ
 多く喜ぶことになる。

 与えれば与えるほどに富むようにできてる
 素敵な宇宙!

 貪れば貪るほどに貧しくなる
 公平な宇宙!

 神様のノートに全て書かれているわたしたちの心の記憶。
 恥じない心になりたいものです。


 「祈りの椅子」はスタジオに帰ってきました。

 毎日の暮らしの中で心を納め、美しい心のまま生きたいものです。

 今日は我が家の2階の掃除です。
 8月15日に
 掃除をしながら、這い蹲ってゴミを拾い
 読んだ本を整理して、処分を考え。
 片付ける。
 世界の苦しみを背負われたイエスさま。
 私も少しばかり汗を流しましょう。