September 20th, 2007

長寿1位国。そして幸せ度90位の国。

 7月3日、神戸の名門校、滝川高校で起きた3年生男子の自殺事件。4階からの飛び降り自殺。
 遺書を残しての自殺。そして、遺書に基づいて携帯をチェックしてから、携帯のメールで同級生から50万円の金銭を恐喝されていることがわかった。学校側は例によって何も虐めは無かったというが、現実には数人がからんで昼食代のたかりや遊びの金を恐喝していたことがわかった。

 真面目な好青年にたかる陰湿な同級生たちの荒みが哀しい。
死ぬ程のことでもないと思うのは客観者で、当人は誰にも言えずメールの記録を遺言のように残して死んだ。

 幸福でない子供たち。
 そして、誰にも分からないと思ったのだろうが繰り返されたタカリ。
 加害者はチンピラ風の荒んだ高校生だったという。

 死んだ青年は夢を持って進学の為に勉強していたという。

 夢すら持てない子供たちにその青年は眩しかったのだろうか?

 ブランド物のブレスレットを売りつけられ5000円払ってしまったことが仲間中のターゲットにされた理由だとも言う。

 ◆私はこれはどこにでもあるような事件だと思う。
  自殺までいかなくても、そんな同級生はわりといて無視したり上手に離れたりして人間を知っていくのだ。
  諦めと哀しさ。
  加害者ももはや高校には戻れないだろう。
  味を占めて、エスカレートしたときに無邪気な悪戯でなく犯罪になってしまうのだ。

 ◆なぜ?
  そんなことをしたのか?
  多分、羨ましかったのだと思う。
  自分達が荒んで捨ててきたものをいまだ持ってる未来のある若者が。
  傷つけ虐めて、うろたえたり困った様子を見るのが面白かったのだろう。
  自分の駄目さを見たくないもの。
  現実には力でお前のものを取ってやるということで勝利者、強いものになった気分。
  そして、どんどん落ちていってしまった魂に救いのない青年達。

 ◆親はだから、こどもを幸福に育てなければいけないのだ。
  仮に貧しくても、
  容姿が悪くても
  運動神経がなくても
  学業ができなくても
  幸福な青年はそんなことをしない。

 ◆お金で憂さが晴れると思って他人から横取りをしても
  ちっとも幸せになれないように人間はできてる。
  人間は自分で汗を流したものでしか何も得れない。
  青年たちの心はますます淋しくなったのに違いない。

 ◆私達は子供達を誰でも同じように幸福に育てなければいけないと思う。
  何か秀でたところを愛でてくれる大人との出会い。
  仲間との出会い。
  自分をいじけさせず、誇りを持って誰が見てなくても見てても生きていく強い心を培うために、

 ◆大人は自分の子も自分の子でなくても、
  気持ちを包んで育てたい。

 ◆人を仲間はずれにしない。
  淋しそうな人がいあたら声をかける。
  子供の話を聞いてやる。
  年寄りを大事にする。
  弱い人を無視しない。
 ◆そんな風に育っていたら、子どもは他人の痛みも分かる子になるよ。
  誰が見てなくても、悪いことはできない子になるよ。
  お金で何もかも買えるとは思わない子になるよ。
  人を傷つけたら恥ずかしいと思うこになるよ。
  そんな卑劣なこと考えもしない子になるよ。

 ◆だから、
  おとなが幸福でないと。
  子供は幸福になれないと思う。


 私は今日、どのように生きたかと言われれば、1昨日約束したカードの贈物を50枚セットを6包みと本2冊、箱詰めにしてIAVEに郵送した。「贈る。」と言った以上、贈らないとね。
500人くらい参加者がいるそうだけど、IAVEにもカードは500封筒くらいはあると思うので300封筒にした。
 次にホームレスさんの尋ね人が会ったんで、友人の牧師に電話をした。大貫牧師は以前、ホームレスさんの家族を探し当てたことがあったので。それで、住所変更が無かったことを確かめて郵送した。「コノハナサクヤヒメ」も入れといた。大貫牧師は青少年を育てることを大事にされているからだ。

 主に入院中の母の衣類の洗濯をして、娘とピザとコーラで夕食にした。
結構読書タイムがとれたが、だるい。

 次に夕方からは先生の好意で中国語教室が品川区の体育館の会議室である。税金がなんに使われているか見えた感じだ。出席者は6人。皆、熱心に自分学習ができるようだ。使える中国語ということで熟語がたくさん出てきた。
 そして、いつものように中国のお菓子がたくさん。
 3人で先生を囲んで韓国料理を食べた。
 台湾旅行された人のいろいろな話。若い人の結婚の話。
 真面目でいい人たち。新潟地震でも両親の家はわずかに10センチ窓が開いただけで、車の運転中で地震のことも知らなかったそうだ。運というのもあるわねえ。台湾旅行は事故後の中華航空だったとか。2時間くらい取り留めのない話をして笑った。

本格的な授業が始まるのは10月4日からか。
 
娘達にブラッドオレンジのシャーベット状のジュースを買って帰る。