October 8th, 2007

スタジオ掃除から見つけた未完成の作品をつい弄って今日の制作。

 たまの日曜日なので家を片付けようと思いましたが、なかなか大変です。
1週間後のグループ展に出す気になっていた仕事もしないと!
何かが足りない!
何かが足りないと箱をひっくりかえします。私は材料をキャンバス地の箱にいれてますので。
そうこうしているうちに大分前にアメリカで作りかけた作品が出てきました。
一応ダンテの地獄だったのですが、9つの地獄をひとますごとに表現したのですが、やりかけのままだったようです。
それで、地球の救いに向けて作品を作り直しました。意外と大変なのはパーツの接着です。
釘や糊や糸など使いますが、なかなか思うようにいかないものです。

 地獄は緑にて蘇り
 聖母マリアの救いが大地に満つ
 薔薇が咲き誇り
 香りが漂うように
 浄化されて風景です。
「救いの社」



 昨日から何か足りないと思い続けていた4号のコラージュ。
 「愛の茎」
 が溶かす大地の汚れ
 海が蘇り
 巻貝の歌が聴こえる

 虹の連鎖が
 愛の波動を伝える

 インディゴの帆立貝
 薔薇色の鳥の羽

 自然の忘れ物
 記憶が戻り

 愛の茎から
 鼓動が伝わる

 永遠の命
 生きとし生けるものへの
 讃歌

 何も恐れることはない!
 響く