October 10th, 2007

たとえ嵐すさぶ日にも平安を!

 私は今日は1階のお掃除。誰も評価してくれないんですけれどお掃除してると心すっきりです。
お洗濯もたっぷりしました。おふとんから洗ってしまいますから洗濯機も5回くらい回したかも。


 それからグループ展のための目録を作ってみました。
 一人3メートルとのことで11点(立体3点)は多い過ぎるかもしれないですが一応持っていきましょう!
 自分で思いのまま一気に作った作品はハロウィンジョークの棺桶シリーズなんですけれど、終えてみるとひとつの方向があることに気がつきました。絶望から希望へと天使軍団が薔薇の香りを漂せながら導いてくれた気がするのです。

 私があちこちで見つけたかわいらしいものや贈物や縁あってあるもののビーズや糸や小物は膨大な量でキャンバス地の箱に入っています。本当に凄い量!もう1生涯分の材料が10箱くらいあるようです。1箱の中に小さな箱や缶や籠があって種類別にあるものもごちゃごちゃになってるものもあるのです。ものを捨てない性分の私は出番を待ってるちいさなものに愛情をこめて選ぶのです。

 例えば、
 金。金。金。金色のガラスの新しいタイプのビーズ。ビーズ。ビーズって呼ぶと、無意識にそれらの入ってる箱に手が伸びるんですよ!今、天使たちがとても気持ち良さそうに「それは私達が探してるのよ!」と教えてくれました。
それで、作るのに苦しんだり長く考えたりはほとんどないのです。ただ技術的には不器用ですので難航しますが!

 そして新しいフレーム分だけ制作します!
 すると最後になんのために作っていたのかわかるのです。

 私はどんなものも好き!
 でも私は世の中が悪い方向と良い方向と引っ張る力を感じました。


 それで、ダンテの地獄の階層を区分けした社(やしろ)が愛の息吹によって天国に変わる作業をしたのです。
 たとえば金銭欲がある。
 しかし、それは悪なのだろうか?
 病人や飢えを救うためにも使えるお金。
 お金には罪がないと思います!

 凍った冷たい心も
 悪業の炎も

 聖なる力により

 生命を育む
 温かい心にも
 心燃やす愛の炎にも
 かわりことを!

 それが錬金術だと思うのです。



 聖母は地獄にはいらっしゃいません。天国にしかおられません。
 しかし愛に満ちた聖母は今世紀にはユーゴに現れていらっしゃいます。
 地獄の民をも救うのが聖母の愛のようです。

 最下段の中央に聖母マリアはいらっしゃいますがその右上にがんじがらめになった子供がいます。
 その下に麻で編んだ揺りかごがあります。緑の葉が編みこめられてます。
 その揺りかごには人間二体が入ってます。新しい時代のイブとアダムかもしれません。

 聖母の後ろにはらせんがあります。
 白い螺旋の塔です。
 私達は螺旋を昇りながら上へ上へと浄化されていくのです。
 最下層の地獄ですら希望がないわけはないのです。

 聖母の左にはドル袋と赤いロザリオが。
 苦しみの赤いロザリオとお金が左に置かれている。
 お金を他者のために使い他者の癒しの為に救いの為に投げ出されるとき
 1段と螺旋を昇ることができるようです。

 


 中段の中央には緑の天使の顔があります。
 左にはピンクの薔薇。エロス。
 右には四角い観念のビルに繋がった雁字搦めの人間が。
 過去を書かれた棺桶の本と
 そして二輪のわだちが回ってます。
 業火と緑の毒の炎が。


 最上段には左には誘惑の蛇
 中央には麦。良い麦と悪い麦が知らされる最後の審判。
 ちなみのこの麦はフランスのゴッホ美術館で本を買ったときのギフトです。
 右にはガラスの薔薇。

 7つの芥子の花と薔薇が中央に!
 
 祭壇箱の左右には薔薇の絵が描いてあり、金箔で縁取りしてます。

 虚栄。怠惰。傲慢。貪欲。憤怒。淫乱。虚偽。
 私達自身を汚す穢れも
 浄化の炎で
 消えていく日がある。

 私は作品を作りながら
 自分も浄化されていくのを感じました。

 新しい人類の揺りかごの底にはセージの葉を敷き詰めました!



 目録作りを終えると私は英語のクラスに行きました。
一緒に授業に出た彼女は区役所で公害の苦情係で神経が参っていて部署の変更を申し出るとか。確かに文句ばっかり聞いているのは辛いですね。これから他所の授業で再び英語とか。
ドイツ語も検定を受けている彼女。怠惰の罪はなさそう!

 カナダ人のジェシカが妙にグループ展に関心を持っているので明日に案内状を渡しましょう!
 
 英語と中国語の交換をオフィスに申し出ました。教科書なんて使ったことがないので中国語のほうが必要性を感じたのです!

 娘と家の玄関であったので手抜きの江戸前寿司を戴きました。
 江戸博物館で「漱石展」を観ていたようです。私も行きたいがあまりにも髪がひどいので美容院に行かないと!普通の暮らしをしているだけでも毎日大変な私です。