October 27th, 2007

誕生日のめぐみ!もりだくさん!

今日は小田原の美智子さんのおうちで私と同時に合同還暦誕生日祝いをしていただきました。

 ご主人が岩原駅まで車で迎えに来てくだいました。緑豊かな自然にベランダのある暖炉には炎が踊る寒くなった季節です。台風通過の折、箱根までの電車は運転見合わせ状態でした。美智子さんのお家に着くと、北海道のにゃンママこと直ちゃんからの花籠が届いていてびっくり!家までしっかり持って帰りました。
豪華なやさしいピンクの花籠!

3人のお母様でお嬢さんも片付けられて落ち着きのある主婦の美智子さんは生活一般が大好きとのことです。
お料理も美味しくて手が運ぶこと運ぶこと!

美佐胡さんはわざわざ、私たちのために北海道から駆けつけてサプライズのプレゼントをたくさん用意してくださいました。
中身はこんなです。ケーキ、セージの葉、ロシアの人形のカード。

それにAKIRAさんの音楽演奏と朗読。ピアノ、ギター、ハーモニカ、お友達の方のギターでご自分の本の朗読。明さんは5時間かけて美智子さんの家に着いたのでした。

 内容はママへの感謝、家族、インディアンのそれぞれにある魂の歌など10曲余りをよく通る澄んだ美しい声で声高らかに!幸い雨でしたし、ご近所も都会程近くなかったですし、
お家の広々としていましたから気兼ねなく!
 私は外見から明さんの歌はもっと激しく難解だと思っていたのですが、分かりやすく自分の言葉でハートに温かく浸み込んでくるのでした。ご本人も汗だくで休まず歌い続けられてました。
 ご近所の方が次々と現れ消えていきます。いいご近所付き合いをなさっているのですね。

お隣のブラジルの家族も現れました。
 明さんの本はぜひ読みたいと思っていたので3冊求めました。

帰りの東海道線で読んだのですが、経験で書かれているので、度胸の据わり方も凄いし面白いです。ヒューマンな人間を愛すことを視点に書かれているのでどんなに俗悪なことも嫌らしくないです。いつのまにか台風も過ぎていってしまったようです!

 美佐胡さんの御蔭で素敵な家族や素敵なアーティストと親しくなれて感謝です。
とにかく、「お誕生日をする!」という熱意と行動力には大感謝です。
明さんの歌はお母さんへの思いがたくさん詰まっていて、美佐胡さんはお母様の3回忌を思い出されてか涙涙でした。明さんの泣くような叫びは心に響いて温かく包みます。
美智子さんの焼かれたおにぎりとお手作りの沢庵を抓んで、名残惜しいけれど最終電車に近い明さんのお帰りです。日光近くらしいです。
 2時に小田原を出て4時間あまりの滞在。6時20分に美智子さんの家をでて、自宅に8時頃着きました。

 家に帰ると更にサプライズ!
 PURE AQUAさんから素敵なゴージャスな花束が!
 娘が花活けに入れたのでちょっとお花のよさが生かされないのですが、
お玄関は盛りだくさんになりました!

 「縷衣香」を検索したら静岡県の富士宮の図書館に「コノハナサクヤヒメ」が入ってました!Faxのお便りのゆかりさんから!ありがとうございます!