January 9th, 2009

やりがいの搾取!本田由紀 「世界」3月号からの問題定義!

社会の構造には怖い部分がある。
先日にテレビであった識者の討論会で「奴隷化」という言葉を発した人がいた。
本田由紀と言う東大の学者が「世界」でやりがいの搾取と言う論文を書いたそうで搾取が夢喰いとして行なわれていることをあちこちのブログで問題にしていた。

☆「特権階級」という定義を調べているうちに「搾取」に流れたのだが。
 人間の魂のあり方として「『搾取』して安く遣って得た利益で贅沢して楽しいかどうか?」と問いたい。
そして、そんなことはできない。出来るはずは無いというのが私の結論だ。

 特権階級の人たちを見たことがある。しかし、そのツケはやはり払わなければならないことになっていることも知った。どんなに超エリート教育をしても叶わない子供がいる。それを授けるのは神だ。そして賢い人なら学ぶであろう。

☆若くて世を知らないうちには。大人たちのズルさで餌食になりやすいものだ。
私も見方を変えればそうだった。しかし、だからといって大人になった時に若者を搾取するか助けるかどうかは人格の問題になる。

☆人間の中には他人のために自分を犠牲にする喜びを知っている人も多い。
 人間はそのようにできているらしい。
 本当の幸福は他人のために自分を捨てる時にある。

「やりがいの搾取」もそんなことを感じられない人の発想だ。

★現代美術には経費がかかっている。
入場者一人あたり運営経費 世のため人のためになっていないような気がする。

○恩賜上野動物園550円

○葛西臨海水族園1,010円

○江戸東京博物館2,950円

○写真美術館6,150円

○現代美術館9,110円

★大阪の場合
PT案は大阪府の膨大な財政赤字を削減するために、知事直轄のプロジェクトチームが、改革すべき内容を大胆に洗い出したものなんですが、その中の廃止すべき施設の中に発見した。
「府立現代美術センター」。
谷町四丁目、大阪府庁の裏手にある府関係の建物の中の小さな美術館、というより画廊といったほうがいいような小さなところ。

初雪!ホームレスさんたちは旅館に行けることが決まった!

 私の家のお風呂工事が始まった。
湯船は120キロも有るそうで大の男が4人で2階から下げた。今までどうもありがとう
皹が入って水が漏れたようで鋳物とか。

 部屋にいても寒い東京の雪だ。私の部屋と娘の部屋には暖房が無いので2人で湯たんぽを使っている。
しかし、この寒空に外で暮らす人のことを思うと心も寒い。

 バリバリと凄い音がして埃も散って、工事の現場のようになった。
だんだん、お正月ムードが消えてきた。
しかし、どこもかしこも不景気の淋しさ。機嫌の悪い宝くじ売り場のおばさんや道を聞く声がぞんざいなタクシーの運転手。心が荒みだしたのだ。誰もかも。

☆今夜は昨晩のお米が残っているのでハムやオニオンやピーマン、トマトがあったのでピラフで牡蠣と1口カツ。
 
 家にいるのでニュースが視覚に入ってくるのでホームレスさんたちが空いてる公民宿舎や旅館にいけるようになってホッとした。6ヶ月くらい宿舎にはいられるようだ。
彼らはお掃除が上手らしい。少しでも掃除のパートで収入があればいいと思う。

☆今は大試練中。
☆「特報首都」NHKを観る。
 こうして「非正規切り」は進められた。
 ISUZU自動車の解雇を例に、派遣社員が期間社員から替えられ辞めさせられた例を見せた。
青森から出稼ぎに出ていて、毎月給料を5万残し家族に送っている人は、寮にはいるとガスがつかえないため1日500円と決めてる食費が賄えなくなるので派遣でいたそうだ。
しかし、突然の派遣で青森に帰る費用すらないという。そのアパートも今月中にはでないと行かないとか。
 専門職をしっかりやっても若い人のようにテストを受けられず正規の社員になれない人

 雇用者を切るよりも派遣社員を切るほうが事務的に楽なので派遣を切るという。
 真面目に誇りを持って一生懸命働いてきた人たちがこんな目にあうなんて、涙が出てきた。
 「まさか。」想定外だったのだろう。

 地方には仕事がないのか?あっても十分でないのか?
 私どもも体験したことだが、親子離れて住むのは良くない。
 大きな目的?
 でも、家族が破綻して犠牲になるのは弱い立場の人たちだろう。
 子供、老人、思春期の若者。
 多くの犯罪の影にそんな不安定がある。

 解雇された人たちは「仕事と安定がほしい。」と言った。

 皆、他人を思いやることを学んでいるのだ。
 このテレビの報道でこんなに酷いとはと驚いた人が多いと思う。

 今夜から日本海側や西側が雪らしい。
 こんなに寒い時に温かい気持ちを育てたい。

 玄関を工事のために空にしたので、カサブランカの花を生けた花瓶が今、食卓の上だ。
 この香リ高い花を幸せにかげる幸せに酔ってはいけない。

 今、本当に必要なことを考えたい。
 おかげさまで父は明日、退院です。