January 28th, 2009

ユリゲラーのクリスタル・ピラミッド先着順で希望者に譲りました!

 せっかく書き込みしてくださった方、メールでのお返事お待ちしてたんですよ。
でも、今朝ほしいという別の方からのメールがありまして先着順と言うことでその方に決まりました。
こうゆうものはご縁ですから、又相応しいものがお手元に届くと思います!

 今日は父の家の掃除です。
娘が論文を書いてカリカリしているんで、早めに出て美容院にでも行こうかなと思ってます。

アメリカで一家心中!!!

解雇苦に一家7人無理心中か 勤務先で「頭撃って死ね」 米ロサンゼルス

1月28日10時17分配信 産経新聞

 【ロサンゼルス=松尾理也】ロサンゼルス南郊ウィルミントンの住宅で27日朝、夫婦と子供5人の一家7人が銃で撃たれて死亡しているのが見つかった。地元テレビ局には直前に、父親から「職を失った。家族を殺して自殺する」との内容のファクスが送りつけられており、警察は解雇を苦にした一家心中の可能性が強いとみて調べている。

 地元メディアによると、死亡したのは最近、父親のアービン・ラポー容疑者(40)と母親のアナさん、そして8歳の長女と5歳になる双子の女の子、2歳になる双子の男の子の7人。ラポー容疑者の傍らで短銃が発見されており、家族を射殺してから自らも自殺した可能性が高い。

 テレビ局に送りつけられたファクスは、夫婦がともに医療スタッフとして勤務していた病院から解雇を言い渡され、その際に「なぜ働きに来るのか」と問い返されたうえ、「頭を撃ち抜いた方がいい」といわれ、侮辱的な言葉を浴びせかけられたと主張している。

 勤務先だった病院は事件を受け、死亡した夫婦が最近解雇された事実は認めたものの、具体的なやりとりなどについては言及を避けている。

 ロサンゼルスのビヤライゴザ市長は事件後、現場で会見し、「職を失うなどの問題に直面しても、社会には必ず、なんらかの支援がある」と、問題を抱え込まずに当局などに相談するよう訴えた。

☆幸せな家族写真がテレビ局に送られてきたそうです。
何?
世界はどうなってるの?