February 20th, 2009

家事日!

 今朝は主人が神戸に1泊すると知って、なんとなく解放された。
而立書房に電話したら、色校正は間に合わなくて火曜日頃とのことで、今日は父の家の掃除と家の掃除の日に決めた。朝早く起きたので洗濯や台所から。冷蔵庫も徹底的にやろう

 ☆野尻のセブン・イレブンでトイレを借りた時にお礼として買った「クロワッサン」の「面白いほど、節約できる。」を読んだ。
今は大不況なのでどの雑誌も節約から夫や自分の解雇に備えての準備とか厳しい現実の例など取り上げていて、ひしひしと事の重大さを知る。
 又、昨晩、インターネットで「友人や親戚の借金にどう対応すべきか?」という相談の問に厳しい答えが多いのを知って、現実に多くの人はそう生きてるのだと思った。

 ☆「クロワッサン」は最近ほとんど読んでなかったが、家事や自分の教養や体型維持に努める美しい賢い方ばかりで、なんとなくひけ目を感じてしまう。皆様、そんなに立派なの?

 その中で例として50歳の方の家計簿が出ていた。ご主人と奥様のパートで1300万円の年収のある方で、お子様が2人で絵に描いたような幸せ理想家族だ。この家の貯金が300万円台でアドバイザーはお子様の教育費と老後とでこれからは月5万円の貯金を心がけて老後に備えよという。奥様とお嬢様があるスターのおっかけで海外までも旅行したりを減らすようにとのアドバイス。65歳までに老後の貯金が必要とのこと。

 他に節約できるいろいろな機関情報など満載。
 
 一方で突然解雇されたケースを年代別に欄列されていた週間誌も読んで、まさかが沢山あるのには驚いた。ある准教授の奥様かな?それでご主人の収入が無くなり朝4時に起きて、パートを夜8時まで3種してお子様の私学の学費などを工面しているというのがあった。多分、私もそうすると思う。スーパーでのバイトはお惣菜が売れ残り品をいただけるので生活を助けるという。

 大不況で10年続くと驚かされているけど、健康と強い精神が要求されるのであろう。

 ☆女性週間誌から有る夫が障害児の息子と介護をしている40代の妻が疲れて「殺して。」と頼まれ息子と妻を殺し、自分だけは自殺できず8年の判決が出たとか。
裁判は「障害者が生まれる意味があったはず。生きる権利を奪ってはいけない。」と判決意図が語られた。

 「クロワッサン」で60代半ばのお母さんが23歳のダウン症のお嬢さんの母として、主人も亡くなってるので自分が死んだら施設にゆだねるしかないと覚悟されていると本を著作して、お嬢さんたちが以下に心清くずるくなく健常児とは違うが才能にも恵まれているかを知らせる。

 大人の障害の中には認知症もはいるかもしれない。又、誰であっても突然に事故によって障害者になることもあるだろう。周りに力にも限界がある。そんな時に私設が充実していてほしい。

 インターネットで「友人の息子さんが結婚相手に選んだお嬢さんの姉と妹に知的障害があり、どうアドバイスしたらいいのか?」というのがあった。この答えと言うのが凄まじく「障害者差別だ。」「死ね!」と続くのである。結婚するときに例えば姑が寝たきりですとか病院通いなので連れて行ってあげてくださいといわれたほうが覚悟が決めやすい。出来ないことは出来ないと言ってもいいと思う。皆にマザーテレサを要求してはいけないと思う。
現実に、自分達だけの人生を生きるのと終わりの無い介護を一生背負っていくのは大変である。
少しは感謝の心で頼まれたら張り合いもあるけれど、「当たり前でしょ。嫁なんだから。」と言われたらずいぶん厳しいのではないだろうか?

 ☆自分は自分の家を見渡して、つくづく家事能力は低いと認識している。
でも、家事サービスを他人に頼むと随分高いと思う値段だ。
やはり自分の事は自分でする。自分の家族のことは自分達でするが原則で他人に負担させる場合はせめて感謝はしたい。

 今日は忙しいですよ。
 これから冷蔵庫の掃除!
洗濯物を持ってクリーニングに行き、そのまま父の家の掃除です。
老人ホームも入る日がまだ決まってないようだ。
食べ物などは管理されていいと思うのだが、そう楽しい場所でもないかな?

 ☆私も節約を心がけてます。
 吉祥寺のカーテン代の見積もり書が届いたけれど幅の広いフランス製が50%引きで1メートル2400円くらいでした。柄はライラックで本当に優しい藤色と若草緑です。
旅行だって12000円+ホテル代10000円弱でしたから、30000円くらいでできたですよ。
第一、携帯を使わないですからこれも大きいと思う。本は閲覧室にして皆に貸すつもりです。ですから無駄遣いではないと思います。

 それでは!終わってから続き!