February 24th, 2009

「スーザンを探して!」を観る!

足長おじいさんからのプレゼント・チケットです。

保坂知寿  劇団四季の俳優   平凡な主婦役ロバータ役
香寿たつき 元宝塚トップスター スーザン役
山路和弘            ケリー役
加藤邦彦  元狩人       デス役
吉野圭吾            ケリー役
              など


 楽しいロック・ミュージカルでした。マドンナの映画もあるそうです。
原案はピーター・マイケル。5年前にマンハッタンを歩いている時にミュージカル化を思いついたそうです。ブロンディの音楽を聴いてストーリーを作ったそうです。

☆平凡な主婦が憧れるスーザン。彼女の名前を見るのは新聞の広告欄を使ってボーイフレンドを連絡をし合っているに好奇心を持ち、近づきます。スーザンの売った古着を買ってそのポケットから電話番号を見つけたり、倒れて記憶喪失したり、スーザンが1夜ともにした男から奪ったイヤリングが大変高価なもので、ベッドを共にした男が殺され濡れ衣を着せられ、留置されたりのロバータです。
 平凡な主婦として多忙な夫に無視され続けたロバータはかくまってくれたデスに心を惹かれるようになり、義理の姉にも応援してもらう。やっとスーザンにあえて、イヤリングが戻った時に夫よりも自分を大切にしてくれるデスを選び、家を去ります。

 皆、ダンスが上手く、振り付けもドレスも格好いい。
そして、なんだか飯島愛ちゃんを思い出すようなスーザンの姿も可愛くて魅力的。
パンクの歌手のボーイフレンドも本当にカッコウいい。

 多分、日常の主婦は誰でも別の誰かになりたい時があるはず。
 飽き飽きした日常に、夫は仕事仕事で妻の心の寂しさや虚しさがわからない。
平凡な主婦が体験するには刺激的過ぎる出来事だけど、皆、真実の愛を求めて落ち着くところに落ち着く。

 シアター・クリエは東宝宝塚の前の小劇場でけど、この内容にはちょうどよい大きさで街を表し、家庭を表現し、マジック・サーカスの舞台にする。
ミュージカルのスター達はダンスが上手いし歌ののせ方も上手で若い人からかなり年輩の方も楽しんでいたようです。ほぼ満席で私は1時半から4時くらいの舞台を観ました。

☆今朝、而立書房から電話があり、色校正をしました。表紙に少し難があり赤い縁取りを入れてもらったのですが、既に刷り始めているそうで、何のための色校正でしょう。
やり直しを頼みました。費用がかかるといったので「誰のミスでしょうか?」と訊きました。
3月10日にできるそうです。

 神保町から日々谷は近いのでその足でシアター・クリエに行きましたが、あまりにもいいタイミングでした。
演劇を観てから、有楽町の銀座教会で「御復活蔡展に出してください。」といわれました。
1週刊以内に返事をと言われたので今夜、用紙に書きましょう。

 それからG2ギャラリーに行き、出来た色校正の簡単な絵本状のものを見せました。やはり個展をしたほうがいいので3月の末の4日間。3月26日(木曜日)、3月27日(金曜日)、3月28日(土曜日)、3月29日(日曜日)とすることにしました。24点なので24の額とマットを仕上げてもらいたいので原画を近日に取りに行かなければ。

 夕飯のしたくと食後のデザートを買って家に帰ったのですが、今日は本当に疲れました。
どうして、自分はこんなに忙しいのだろうと思います。
そういえば、軽井沢で見たかわいい白のワンピースが銀座だと3倍の値段で売ってました。
娘の為に買おうか迷ったのですが、買わなかったのです。娘に言うと黒がいいそうで同じデザインで黒もあったのですね。

☆今日、読んだ女性週間誌に「AGEHA」という雑誌の31歳の可愛い編集長の女性の特集をしてました。この若い女性はいかにも渋谷や新宿の女の子って感じですけど、感心することがたくさんありました。彼女は「女の子は不公平だ。」というのです。「生まれながらのお金持ちの子や綺麗な子がいて、そうでない子がいる。」と。そしてそうでない子の努力して幸福を捕まえようという目のモデルを探すのだそうです。大抵の女の子は少しでも努力して幸福になりたいと思っているのでそういう読者のために日夜、世を見ているそうです。凄いですね。35万部売れているそうです。侮れません。

 雨でしたが、有楽町はやはり女の子や女性が歩いていて、不況といえどもウインドウの中のドレスはゴージャスでお値段もいいのでした。
欲望は無いのがいいか悪いか?
皆、何かを求めて歩いていて、夢を見ることが大切で夢が実現する奇蹟は起こるというのが「スーザンを探して」の作者の意図らしいです。

☆私も、いろいろ物入りが続いて苦しんですけど、どこかで実現する夢を信じてます。
画廊の珠ちゃんが「二十四孝」の絵を褒めてくれて嬉しかったな。
自分はいつもいろいろな刺激と新しいものを産む努力しているのですが、少し古典で少しコンテンポラリーです。
「二十四孝」って馴染みが無いけれど、国芳や北斎も描いているんですよね。
自分のアートはコンテンポラリー・古典かな?
ちょっと弾けてます!