March 20th, 2009

肉体労働は疲れる!

 昨日はイレギュラーなんですけど父の家の掃除に行きました。
暖かだったので父は散歩にもでかけられたそうです。

 やはり緩やかといえども1軒の家の掃除をするのには疲れます。
五月に北京に行くことが決まったというと喜んでくれました。そして貸してくれたのが「杜甫と李白」です。
7時から中国の女性史のようなものをテレビでするので見なさいといわれました。

 帰りは醍醐で少し奮発のお寿司とメゾン・カイザーのパン。
弟はお嫁さんが車を使っているというので帰りに迎えに来るというので、私は電車で帰りました。

☆娘と夕食をしっかり食べて、7時から伊藤博文の奥さんの梅子さんや満州のお姫様の川島芳子さんや山口淑子さんや、西太后やラスト・エンペラーの弟に嫁いだ浩さんのことなど2時間のスペシャルが3日あるそうでした。
情報は多ければ多いほど確かさがあって、時代のたくらみや翻弄された生命の不幸などいろいろ考えさせられることがありました。89歳の山口淑子さんは随分しっかりとしてられっるのでびっくりでした。

家のこともやっていて、なかなか絵が描けずストレスが溜まっています。
☆朝になって新しく購入したプリンタを設置中です。

 昨晩、現代美術のブログを読んでいたらボストンで仲良くしていた若い(35くらいでしょうか?)アーティストが頑張っているのが分かり、嬉しかったです。前の作品よりずっと良くなって美術雑誌の表紙を飾ったり個展も随分してられるようです。結婚もされていて本当にあれから9年くらいたったのだなあと感慨深く感じました。
前から頑張りやさんでしたけど、時代のエコやフリー・トレードや貧困や病院にへーリング・アートを描いているそうで流れとして正しいと思いました。オバマTシャツを作ったりカードを作ったりもしているようです。

☆今朝、主人が台湾に出かけました。
 月までは自由ですので私もアートをやれそう!
早いもので木曜日から個展で水曜日にはビデオ撮影だから、父の家の掃除は火曜日にしようかな?
掃除するとやはり肉体的にその日はなかなか建設的なことは出来ない。
でも、何か大きな目的の為に試されている気がする。

 今日の東京は曇りです。
誰でも見えない十字架を背負って厳しい地上人生を生きている。

 人間って誰でも独りでは生きていけないし、誰でも弱さがある。
 肉体が弱ったときもどこかでゆったりとした心癒される出来事が日々を明るくしてくれる。

 「二十四孝物語」も早速読んで感想を下さった方達がいる。
 本当に有り難いことだ。
 
 私もアマゾンで「狂乱二十四孝」とか「二十四孝における母と子の関係(仮題))など取り寄せて読み始めてます。すべてに時ありとはいえ、絵を描く時間がないときは少し辛いです。
それでも振り返ると、やはり随分恵まれていたと思います。
感謝です。
是非、「二十四孝物語」読んでくださいね。間に合う内に親孝行です!
でも、間に合わなくても天への孝行があります!