April 11th, 2009

古墳に囲まれて花見散歩!

 昨日は花見散歩をしました。浅間神社と隣接する多摩川台公園は9つの古墳がそのまま残ってます。この神社を建てるときもたくさんの埴輪などが出土されたそうです。


勝海舟の直筆です。多摩川浅間神社は源頼朝の妻、政子が800年前に創建しました。夫の後を追って、わらじの傷が痛み、逗留することにし、亀甲山へ登ると富士山が実に鮮やかに見えました。夫の武運を祈り身につけた「正観音像」を納めたそうです。

 夕日が美しく、多くの人が見とれて写真を撮ってました。多摩川沿いに大きな長い公園です。
桜はち散り始めて、道を桜色に染めてます!



「虹はし」っていうのですって!


「マリー・セレクション」でこれから浅間神社に行って「コノハナサクヤヒメ絵本」を奉納するといったら、「カトリックなのに神道までようやるね。」って言われました。お客様がひっきりなしに来てましたが、カトリック信者の方もいて「神様は一緒よ。どこもね。」と話したのでした。「マトリョーシカ・レターセット」の呼ばれたのかな?


そのまま、「宝来公園」の有るもう一方の入り口まで歩き、この小さな公園の桜も愛で、ロータリーの有る田園調布の駅まで歩きました。気がついたら足もずいぶん良くなり歩けるのでした。


☆家に帰ると娘は友人の引越しパーティに行き、留守で娘のために買ってきた「醍醐」の大阪寿司を主人が食べました。別にいいんですが。
たけしの番組で「おくりびと特集」でしょうか?死後の遺産の整理や葬儀のやり方などをテレビでやっていたので、じっくり見ました。

 父や母も、いつ死んでもおかしくない状況になりました。
私達夫婦も61歳。そろそろ跡片付けをしておかないと残した家族に迷惑がかかるということです。死後の荷物も処分するだけで費用がかかるのでした。番組で紹介していた人の場合はトラック6台分で100万円を越えるそうです。

 夜中は昨晩買ってきた「貧困」関係を本を2冊読みました。
フリーターや路上生活者やネット・カフェの住民達の生活もいろいろあるのでした。
世界中の最下位底辺には生まれながら地獄のような生活を強いられている人達もいるのでした。

☆オバマ大統領夫妻がイギリスを訪れ、ミッシェルがエリザベス女王の背を労わって触ってます。少し前にはダイアナ妃がアラブの方と婚約して殺されたというような情報もあった国です。
 いろいろあるけれど時代は前に向かっている。
 路上生活者も売春して子供を学校にやって、「多分、子供は私を軽蔑するでしょうけれど、私は構わない。子供がここから脱出するには学問が必要だ。」というのも、本で読んで心に残った言葉でした。そのスラムでは子供は皆学校にいているのだそうです。

 多摩川に広がる豊かな平地に太古の時代に人が豊かに暮らしていた。
今、川べりにはホームレスのビニール・テントも並んでます。
昔にはそんな格差は無かったことでしょう。

 でも、せめて子供達には均等な制定限度の教育や夢を持てる社会でありたい。
私達は目に見えない遺産を先祖から頂いて、美しい桜の木を愛でることができる。
誰かが植えたからですよね。

☆午前中はお風呂に入り、シャンプーもコンディショナーもボディシャンプーも桜の香りにしました。これから2階の掃除をして、3時10分からスペイン語です。
娘は今日は友人の誕生日パーティとか。それで夕食は要らないそうで楽です。

 私は今日は掃除日です。
身も体も綺麗になって「コノハナサクヤヒメ物語」を読みましょう。

「富士と桜の物語」
而立書房「コノハナサクヤヒメ物語」縷衣香著 英訳口語訳

新学期 スペイン語を学びに清泉女子大へ!

 今日も天気です。

 なんとなく疲れの出た週末ですが、「薔薇・グッズ」の展示会のお知らせが高輪のギャラリーから来たので、スペイン語の帰り寄ることにしました。

 スペイン語のクラスの先輩が湯布院のお土産をくれました。2Bなので絵を描くために使ってとのこと。新聞紙から出来たエコーの鉛筆でアメリカで特許を取っているものらしい。


 新しい他所の学校からのクラス・メートの見学があり、皆ずいぶんできる方のようでした。
語学は動機がないと難しく、自分は出席はしてますが自宅で勉強する時間はないです。

☆それから、高輪のギャラリーに行きました。姉妹3人で並べて洋服のブティックや、陶芸ギャラリーや絵画のギャラリーをしているのですが、絵画を売ってだけでは存続は難しい時代となったそうです。
 私は百合の形をしたランプを取ってあったのですが、それはガラスでとてもきれいな飴色をしてました。薔薇のグッズはジャムや薔薇水や陶芸や絨毯などいろいろありました。友人のために香りのあるものを買いました。そして、薔薇のお茶も飲めるのでした。

 娘が外食なのでゆったりとお茶を飲みのんびりしました。
家族のタオルが痛んだので、主人に白、娘にはピンクの水玉、私には藤色と水色の花の模様の湯上りのタオルや洗顔用タオルなどそれぞれ、買いました。
古いものは切って雑巾にしたり、使い分けしようと思ったのですが、娘は喜びましたが、主人はあまり喜ばなかったです。

☆今日のテレビは松本清張の「駅路」。定年後のサラリーマンがゴーギャンの絵のように別世界に魅せられ、若いOLと駆け落ちするのですが、いつも奥さんに内緒で連絡していた従兄弟とその紐に妬みと多額の駆け落ちの軍資金を狙われ、意外な最後を迎えるものです。

 誰にもある他人の幸福への嫉妬。
 又、焦りだした女の年齢と紐の男に嫌といえない女の弱さ。

 完璧で子育てを終えた妻。
 学歴無く他人の何倍も努力して出世した律儀な銀行員。

 男と不倫をして精神の病んだ娘のいる刑事。
 
 そして、ゴーギャンのタヒチの楽園の絵。

☆人生ってほんの少し踏み出そうとしただけで思いもがけぬ落とし穴が待っている。

 しかし、人を愛し夢のような隠れた時間は幸せだったに違い無い気がします。

連日のお出かけは疲れました。
明日の日曜日は少しゆっくりと休みましょう。

もう、葉桜になって少し初夏のように暑かったです。
☆「二十四孝物語」而立書房 縷衣香著
そろそろ、あちこちの図書館で買い上げてくださっているようです。

三重県の菰野図書館、北海道の江別図書館など。
皆様の町の図書館にも注文お願いしますね。
古い中国のお話なんですけど、じ~んとくる健気でやさしい子供達や青年やお嫁さんのお話で心が洗われます。史実なんですよ。
私もお父さんのために少しでも多くの人に読んでもらえるように日夜励んでます。
1500円です。消費税が75円プラスです。多く購入の方にはコメントくだされば送料と消費税をサービスで私からお送りします。