April 20th, 2009

「スラムドッグ$ミリオネア」鑑賞!

 アカデミー賞8部門獲得した映画「スラムドッグ$ミリオネア」の映画を観ようと昨日でかけたのですが、長蛇の列と時間的に夕飯を娘と食べる約束していたので昨日見ることを断念して、今日の12時からのティケットを購入して帰ったのですが、ホームレスさんが持っている「ビッグ・イシュー」を買うと、「三国志」が載ってます。こちらも観たいです。パート2が始まってますから。


 今日は主人が福岡なんです。それでも家のことをして都営地下鉄が1日乗り放題「春の500円サービス」のパスを購入して銀座に出て、歩いて映画館まで出かけるとちょうど予告編の時で、
座ると私の予約よりはるかにいい席が空いていて、そこに座りました。私の席は2席ほど通路より奥で真っ暗闇の中を進むのは迷惑だからと思ったからです。


 ☆とにかくスラムの汚い風景がドキュメント風にしっかりと出てきます、こどもたちのたくましさがかわいい。生きる知恵のある子がどんな環境にあっても類希な美しい心があり、雨の中を主人公が少女を救い出すのです。

 幼い少年と少女。貧しい中で宗教的なトラブルで子供を庇って亡くなった母親。
兄と主人公と少女が、インドの底辺世界で生き延びる為に大人の作為から知恵を使って生き延びる。
 障害者にして乞食をさせ、搾取して金持ちになるならず者。
 かわいい娘は少女売春に売り飛ばす。
 無抵抗な子供たち。
 しかし、兄弟は逞しく生きる。
 そのなかでお金の魔力に惹かれるものも。
 失った少女の助け出すことだけを考えることも。

 世界80カ国でテレビ放映されているゲームショー「ミリオネア」で賞金を稼ぐチャンスを得る。それは貧しい庶民の夢。少年は経験からその答えを知っている。
それこそが奇蹟。そして純粋な心はインドの庶民を動かし、その夢をいつの間にか背負う。

 美しい少女は大人になり過酷な生活をしている。
 主人公は兄と別れ末端のお茶運びをしている。

 インド。ムンバイはどんどん近代化されスラムも変わっていく。
 淘汰されるように子供達を搾取していたものが滅びていく。

☆俳優さんたちは皆、見事でした。
 しかし素人もたくさん動員しているのです。
 
 インドの娘さんは本当に綺麗ですね。
 最後に主人公の兄が「神は本当にいるんだ。純粋なものは勝ったのだ。」と言うのも素敵です。彼はマネーに惹かれ破滅していきます。

 観ると涙が出てます。
 本当に貧しさにも大人の悪知恵にも勝った。それが「運命」なら、彼はなんと幸せな人でしょう。

☆鑑賞が終わると2時です。昨日にお取り寄せをお願いしたスニーカーを取りにG2ギャラリーに行きました。彼がデザインしたスニーカーなのでした。生成りの白で紐は3色つけてくれました。絵が描いてあるのが20000円くらいで彼の手描き。絵の描いてないのは6800円でした。なかなかかっこうのいいデザインでした。絵や染のあるのも素敵でしたが、あわせる衣服の選択が難しいのです。
 
 昨日は「花菱」の99周年サービスとかでメルサ店で信じられない価格で衣服が売ってました。リバーシブルの黄緑のフードつきコートと白のアンサンブルの春のカーディガン。
これが全部で9500円なのでした。中国旅行にちょうどいいんです。スニーカーもね。

☆それから、都営500円パスを使って大江戸線で「清澄白河 」まで行きました。
そして、「深川いっぷく」に行きました。現代美術館までの江戸資料館通りは前にも歩いたことがあります。花水木が綺麗で、深川飯が美味しそうで、雑貨屋さんや古典的な履物屋さんなど通りを歩いていて楽しい街です。
「深川いっぷく」さんが画廊と道を挟んで「雑貨や喫茶や制作のデモンストレーション」などをしている店舗を持っていて、夫婦で切り盛りしているのです。
画廊の隣は焼き鳥屋さんで椅子などが外に出ていて、いい天気なのでお茶をしたり焼き鳥を食べたりしていて、お祭り気分です。

 彦坂尚嘉さんが中華料理屋さん「八仙苑」の天井にインスタレーションのトマトや茄子などを貼り付けて、それがなかなか面白いんです。夕方5時半からお店が始まるのでその前は観れないようです。夕食を食べながら観るのが最高ですね。
彦坂さんは現代美術の作家でインスタレーション・ワークがとてもユニークで今日はスタッフの方や仲間の方が沢山お出ましでした。絵を描かれている方やアート・キューレーターやアート・コミッショナーさんなどです。

 このような時代ですから、皆で知恵を出し合って生き延びるのが得策。
始めは珈琲やお茶をしていて、中華料理屋さんが開く時間になると移動してトマトや茄子の下で紹興酒や中華料理を彦坂さんと4人の女性でいただきました。
ご本人にアート階層の42段階の説明を聴けて面白かったです。立教大学院でアートを教え始めたそうで、お忙しいと思いますが精力的に作品とブログをいつも多量に発表しているので感心してばかりです。

 最近購入したデジタルカメラは写りが悪く、写真屋はどうもいい加減です。
アートを撮影するので、重いけれど前のカメラを使うことにしましょう。
安物買いって結局失敗してしまいます。

 8時頃自宅に着いたら、幸い主人はまだ帰らずでフィギアー・スケート等を観てました。
主人はグルメなのでお土産の柚子のお菓子は本当に美味しかった。由緒有るお菓子が好きみたいです。珈琲豆が無いと騒いでいたので、明日のお仕事は珈琲豆を買うことが第一です。