April 26th, 2009

堅実なシングル・ウーマンと堅実からこぼれた少女たち!

 昨晩、読んだ本。あまりにも強烈で今朝までうなされていた!


 アジアの貧しい国の子供達が少女売春の餌食になっていることは誰でも知っている。
インド、タイ、フィリピン、カンボジア、中国など。
しかし、日本でもそれ以上に悲惨な境遇の少女達がいる。

 多くの少女達は母子家庭や父子家庭や虐待などで施設に育った子供達で、家にいれば虐待や近親相姦で危険で街に飛び出した家出少女たちだ。日本では家を出た少女達を安全に保護する施設は無い。この子たちは家に帰れば飢えや虐待されるだけなので街で援助交際相手を探す。
お泊りをさせてもらう人達が携帯やインターネットで情報を流しているらしい。
 家に帰れずお金に困った少女達はそこに連絡する。気持ちよく宿を貸してくれる人もいるが、ヤクザや売春行為を目的な人のほうが多いという。
 愛情に飢えた子供達は人の温もりを求めて、つかの間の優しさで自暴自棄になってく。
 施設に預けられたり親子の関係を修復するために家に戻されたりもするが「殺される」というレベルの過酷な生活が待っている。

 幾人もの例があったが、もっとも涙したのは街娼の私生児として生まれた女の子が同じように援助交際をしながら他の父違いの子を養っていることだ。その娘は父親を知らない。そして、援助交際した場所、値段、日時を家計簿に書いている。彼女は大学教授の援助交際相手に数学を習っていて数学は大好きだという。彼女の復讐は大検で大学に入って恵まれない子供達を救いだすことだという。この事実に感動した援助交際相手の2人はそれぞれ毎月、4万円、5万円の仕送りを彼女にしているという。彼女の街娼の母親は知的障害があって子供を育てられずに彼女が妹や弟を育てているという。貯金も随分たまり進学にあてるのだそうだ。

 遠くの少女売春をなくすよりも自国の援助交際をやめさせたい。
中にはヤクザの管理で売春や風俗労働をさせられりの娘がいて、薬で借金をつくらされ逃げれないようにされてるという。

 虐待する親の中には「死んでくれ」と子供に言う親もいるそうだ。
 この親たちをなんとかする人はいないのか?
 少女達は無気力になり体も壊れていく。リスト・カットの写真もあったが半端ではないほど酷い。

☆今日の日本経済新聞
 4月26日(日曜日)シングルのための老後設計
 マネーの準備と管理をどうする
 会社員、3000万円の蓄えを!

 シングルのお財布事情 2004年全国消費実態調査

 ずいぶん堅実なんですねえ。
 男性より収入の少ない女性の貯金と持ち家率の高さ!
 真面目にコツコツと働かれてきた姿がしのばれます。
 61歳の私としてはこれより多いことが要求されるのでしょうけれど、女性の自立がここまでしっかりしているものとは敬服すらしております。


 全体の流れはこのようなものですが、記事の文面には思いもがけず両親が倒れ、介護負担がかかってきた実例が記載されてます。親の施設行きの費用負担が1000万円を越え、新幹線で土日曜日が介護に追われ肉体的にも負担が予想以上にかかってくるというものです。



☆どうなんでしょうねえ。
 私は少女売春をしなくてはならないような生い立ちの娘達を有能なシングル・ウーマンたちが老後のゆとりとして家事を教え、介護など生きる充実を教え、立派な女性に育成してあげるなんていうのは?

 双方とも孤独を免れるし、親の愛に飢えていた娘たちは立派に更生して同じ様に育った子供達の手助けをすると思うのですが。

☆さて、私。
 61歳の私は公平なる神の計らいで肉体的にも疲労してきております。
 しかし、一応2つの会社で働いてまして収入があり、老人3人のゆるケアをしてます。
 一応メインの仕事であるアートも細々とではありますが、続けてます。
 主人も娘も普通に暮らしております。
 一応家事だってやってるのよ。
 晩年の仕事は恩返しというか私も危なかったところを免れたので不遇な方達のために微力ながら尽くしたいと思ってます。

☆援助交際をやるような女の子たちはお洒落だそうです。洋服のセンスもいいのではないかしら?この子たちにはアートの才能があるかもしれません。
この子達が幸せになるのにアートは有効かもしれません。

☆孤児院に行ったことがあります。
 誰も勉強を看てやる人がいないので成績表は1が多いです。
 でも、環境が悪いんですよね。
 この子たちは馬鹿ではないんです。
 でも、世の中って学校でも社会でも親の庇護のないこどもたちには冷たいんですよね。
 ですから、やはりぐれてしまう。
 すねてしまう。
 まっすぐ生きたって誰も褒めてくれない。
 大人が利用するのは施設出た後のこの子達の働きです。
 そうして連鎖のようにこの子達もほぼ親と同じ生涯を送ります。
 普通のひとはこのこたちに係わらないです。
 悪いイメージがある。
 犯罪はこういうところから増えていくのです。

☆自分は昨晩プチ・スタジオの掃除をした。
 ずいぶん材料も買ったし、下手でも創ってこれた。
 幸せだったと思います。
 でも、人間って自分だけが幸せでは幸福になれない。
 私がこうしていきてこれたのは運がよかったからだと思う。

 だから、皆が幸福になるために多少とも培って培ってきたものを使いたいと思います。

☆世界は今、大不況です。
 食べれない人がいる。
 援助交際の少女も基本は食べるためにネット・カフェに泊まる為にやっているのです。
 卑劣な大人がいる。
 そうした最も弱い少女達を食い物にする人達です。

 そろそろ皆が立ち上がるときだとおもいます。
 卑劣を許さない勇気です。
 不良とされている少女達の家庭背景は酷いものです。
 誰が彼女達を責められるかと言うほど親の身勝手が子供たちを世に放置するのです。
  
 現場の教育関係の施設ではそういう子供達の苦労を知らない人が多いのです。
 だから「家に帰って、お母さんと若いしなさい。」と言われるので子供達は絶対にそういう施設には捕まりたくないと闇の闇を選んで生きるのです。

☆世の中から慈悲が消えている。
 少なくても戦後日本にはそういう子供達を受け入れるエリザベス・サンダー・ホームのような施設があった。
 でも、人間は変わることができる。
 ヨン様でもジェロモでもオバマ大統領でも少し前までは民族的な差別をしていた人達が受け入れ愛し始めている。彼らの優しさに人間は飢えていた。

☆人間はバランスが必要。
 マザー・テレサほど徹底しなくてもいい。
 美味しいものもかっこいいいおしゃれもしてもいい。

 そしてほんの少しの善意があればいい。
 今の若い子供のカリスマはモーニング娘だったり飯島愛ちゃんだったり萌ちゃんだったりするのだろう。
 でも、この間辻ちゃんの生活をテレビで流していてとても感心した。
あの細いからだに赤ちゃんをおんぶしてスーパーの安売りに行ったり、「赤ちゃん本舗」というベビー製品を安く買える店に行き買い物をして、しっかり料理もしていた。皆がオママゴトの結婚と批判したから悔しくてしっかり家事をやるんだとか。
旦那様の太陽さんから生活費を貰いスーパーのセールで出来るだけ倹約して、こどもと自分の好きなものを買うという。勿論自分のタレント活動の収入もあるのだけど微笑ましかったですね。彼女は高校にいけなかったので子供には高校を出てから芸能界に入りたければ自由にさせたいという。

☆今日は、昨日とはうって変わって晴れたいい天気だ。
 洗濯屋に行って、夕食の買い物をして明日の中国語の予習かな。
 それとプチ・スタジオの掃除も続行したい。

 堅実って大事。
 堅実が無いと続かない。
 
 女性達って凄いんだ!と今日は思いました。
 

結婚詐欺!!!

 結婚詐欺で食べていた元力士がいる。
身長184センチ体重155キログラム。43歳でスキン・ヘッドで建築家だと言って30代、40代の女性を騙していたという。そうして取り上げたお金は2人からで3350万円。インターネットの結婚相談サイトなどで餌食を探していたという。

 江東区の54階建てのマンションの最上階に部屋を借り、月40万円の家賃を払いデートの際は運転手付きリムジンで乗りつけたそうだ。

 30代~40代の結婚に焦っている孤独な女性を狙っているそうだ。
 一生懸命キャリアを築いて貯金も有る人達を有能な建築家で請け負っている仕事に現金が足りないといって数百万円を借りてドロンの手口で、その前に結婚したいというらしい

☆相手の弱みを上手に使ってお金を貢がせるのだがこの変形パターンは多い。

 よく訊きもしないのに「〇〇の息子」とか「〇〇大出」とかいう人がいる。
それが本当でも嘘でも私にはどうでもいいことなのだが、本人としては気を引きつけているつもりなのだろう。

 大学時代にサークルであったM君は地元では名門の御曹司って言っていたけれど、意外と嘘って見抜いているのよね。デッサン力のようなものなのだけど手とかちょっとした品性の露見でバレバレ。
でも、「嘘言うな!」って言わない。騙されたふりをする。すると本性を出してくる。その青年は学生だったけれど「5000万円」の恐喝をしてきた。本人は気付いていたかどうか、私としては嫌いなのでまず貢ぐわけは無い。それに5000万円はない。それにこちらには支払わなければならない負い目もない。でも、未遂だから犯罪とは言い切れないでしょう。それと名誉毀損にもなるので私は誰にも他言しなかった。つまり誰もそのM君がそんなことをしているとは誰も知らないわけ。

☆自分に自信が無い人は他人の名前を使ってさぎる場合がある。
 〇〇の親友。〇〇を育てた。〇〇を呼び寄せた。
 それもどうでもいいことなのだが、何かを得るために言っているのだろう。
 それがお金というのは分かりやすい例だが、女性は傷つくと思う。
 まして、他人や友人に自慢した後や自分の弱さに自己嫌悪にもなるだろう。

☆今時は過去生まで使う人もいる。
 前世〇〇だった。前世〇〇としてあなたには貸しが有る。前世〇〇として今生も縁がある。
 付き合いたいとか無料働きさせたいとかお金をむしりたいとかの理由で言うのだろう。

☆それにしても薔薇色の夢のような結婚があるわけがない。
 自分を鏡でよく見る。
 自惚れ鏡ではなくてね。
 そうするとどうしてそんなにお金持ちの有能な建築家が私などと結婚したいと思うのかと。
 自分は女優でもモデルでもない。
 それはありえないと思うべきだとシリアスな私は思う。

☆現実に自分がシンデレラのようにお姫さまになれる結婚生活はありえないと思うべきだろう。
 むしろ、私だったら相手のご両親の老後も看ます。相手の負債も背負います。相手の家の破損も直しますぐらいの覚悟で結婚に挑むと思う。
 農家でなくても相手側がメリットの無い結婚をするとは思えないからである。
 とにかく、私と結婚したら幸せになりますよという覚悟が安全だと思う。

 若い小娘たちにも教えてあげることだ。
 これからもかつても甘いお誘いにはご用心だということを。

☆出会い系サイトは危険とのことである。
 計126回にわたって2175万円を詐欺した36歳。
 「父親は外交官」「公認会計士の資格が有る」「貿易の仕事をしている」といって詐欺した女性とは出会い系サイトで出会ったという。

 他にも詐欺った男はIT会社経営とか海外企業の社長とか現実の名をつかって詐欺る場合もあると言う。高級レストランに誘いマメにメールなど来るそうだ。実際は土木や造園業だったりで世の中の視線をよく知っているのだろう。それで200万円とか400万円とか詐欺に成功している。

 女性を笑えない。誰でも格好いい仕事についている社長夫人だったらどんなにいいかと思っているのだろう。そして、男達の偏見への復讐であったりもするのであろう。

☆詐欺の見分け方は簡単。
 お金を請求したらおかしいと思え。

☆騙す人は哀れである。
 有るがままで勝負できない人。
 元力士も元力士で今は力士でないが一生懸命生きていると言えたらどんなに良かっただろうか?

 私は35歳で結婚しましたが、貧しくてOK。姑、舅つきでOK。地位も容姿も美醜に問わずでした。
 ですから、どんなことが露見しようと裏切られた感は無いです。

 それまで自由に制作活動をしてきたので、贅沢は言わずでした。
 あまり参考にはなら無いと思いますが(笑)。