May 4th, 2009

よりよい世界のために!

 今日、検索していたら「二十四孝物語」ビデオがYoutubeでチェ・ゲバラの映像と隣に並んでいた。武装闘争はしてないが、同じ心根でアート活動をしているのである。
誰かがそう感じて配列したのか?以下はそのコピーです。

☆☆☆☆☆☆☆☆
 MONOSERIA
 「世の中みぎひだりごちゃまぜ」ブログより

テクノラティ検索:アメリカの革命

映画「チェ 39歳 別れの手紙」
【歴史文書邦訳プロジェクト】
チェ 39歳別れの手紙
注目新刊:『集中講義!アメリカ現代思想』『追跡・アメリカの思想家たち』
【映画】チェ 39歳 別れの手紙
[映画]チェ 39歳 別れの手紙 ☆☆☆☆
読書メモ;「人はなぜエセ科学に騙されるのか」


■ クチコミ検索:アメリカの革命
2009-04-21
ゲバラ日記
2009-04-18
縷衣香「絵本 二十四孝物語」 Ruiico The 24 stories of filial piety ...
2009-04-07
チェ 39歳 別れの手紙


■ ブログ1:アメリカの革命

チェ 39歳 別れの手紙
縷衣香「絵本 二十四孝物語」 Ruiico The 24 stories of filial piety ...
ゲバラ日記


■ ブログ2:アメリカ内戦
2009-02-11
アメリカ内戦
2009-02-06
アメリカ内戦はじまらないで
2008-11-20
ジョンタイターが言ったアメリカ内戦の状況が俄かに信じられる今の経済 ...
2008-10-01
アメリカ内戦?
2007-08-03
アメリカ内戦の開始


■ ニュース1:アメリカ内戦
newsプラグインエラー:「アメリカ内戦」の検索結果を取得できませんでした

■ ニュース2:アメリカの革命
gnewsプラグインエラー : RSSが見つからないか、接続エラーです。
■ テクノラティ検索:The United States Revolution

How Abdul Kalam stole US secrets for Delhi’s rockets
オバマ大統領就任演説 全文対訳
ロボットと戦争の倫理/法
それでも国防費は減らない
ダンスと運動を奨励
The Riots: Add Japan to the List
Marketplace Roundup for December 16, 2008
The shaken foundations of capitalism & the absurdity of domination
Analysis of Delhi’s bigoted "Bomb Islamabad" syndrome
Israel’s occupation and the plight of the Palestinains continues
オバマ就任演説全文
[国際]”a new era of responsibility”(新たな責任の時代)~新鮮だったオバマ大統領就任演
Uzbekistan pressured by IMU is scared of Taliban reprisals on Supplies to Kabul
[生活]オバマ大統領就任演説(要約+全文+動画+日本語訳)2009年1月20日
President Asif Zardari’s in the New York Times
The Day after Indian surgical strikes on Pakistan
Hollow UN “victory”the agony of permanent Indian defeat



 
☆「現代の貧困」岩田正美著 ちくま新書を読んだ。
 昨日、観た「ベルサイユの子」でもそうだが、現実はやはり行政の硬いルールでなく人の情のようなもので皆が立ち上げっていくのだ。
主人公のエンゾは全く血のつながってない垢の他人が育ててくれ、時期が来て母親が仕事で自立でき子と同居する生活ができて迎えに来るまで成長することができた。

 「現代の貧困」を読むと大学教師の作者は1947年生まれで私と同年齢である。
彼女は学歴や独身、親との関係が希薄の場合、貧困になる確率が大きいという。
そして学歴による情報率が多ければ多いほど貧困から遠のくとも言う。

 寺山修司の拠ると犯罪者は革命家とか。
 昨日、雑誌で読んだバスハイジャックの少年に顔を切られた婦人は洋裁の先生だったが、手なども切られその仕事を存続できなかった。それで、犯罪青少年の復帰に心をかける仕事を選んだ。
彼女は少年を少しも怨んでないという。ただただ可哀想だったという。そして、その傷すら縁としていただいたものなので、その出会いから人生を変えたという。少年の両親にこそ腹ただしさを感じたという。
 犯罪を犯す人はそうするしかしょうがなかったのだよね。
 勿論、殺された遺族や顔や手に障害が残った人はずいぶん辛い体験をしている。
 でも、死刑でなくやはり更生に力をかけたほうが被害者だった救われる。

☆表面的には不公平ですよ。
 あの映画の主人公だってとても可愛い子供で天使のようです。
 もし、重障害者でインドの乞食にさせられるような障害のあり子供だったら、ダミアンの父親や彼女があんなに可愛がって面倒みてくれたかどうか現実には難しい。

 現代の若い女性の多くはハンサムで高学歴者でお金持ちで親と同居しないこじゃれた暮らしを望んでいるかもしれない。私もこじゃれた暮らしは大好きだ。
また、男性も誰に見せても自慢できるような可愛い女性を連れて歩きたいかもしれない。かっこういい生活が素敵に見える。

 現実に何もかも揃っている人っていますよ。
 でも、たいていの人間は分限で諦めますよね。
 詐欺師や誘拐しても諦めないというのも犯罪だけれども気持ちのひとかけらは誰にでもあるかもしれない。

☆ダミアンを演じたギョーム・ドパルデューは昨年37歳でなくなった。
 1971年、パリ生まれ。父は名優ジュラール・ドバルデューデ家庭のことは殆ど省みなかったという。
 10代から素行が荒れて、窃盗、シンナー、コカイン、ヘロインなどのドラッグに手を染めて、
16歳の時には3ヶ月拘置所に入れられたそうだ。
1991年「めぐり合う朝」で本格的に映画デビュー。
2002年「Aime Ton Pere」に出た頃に父との若い。
2003年、95年のバイク事故からの感染症で右足切断。
2004年、自叙伝で激しく父を非難。
2007年、「ランジュ公爵夫人」で注目を浴びせる。
2008年、10月死亡。サルコジ大統領夫人など葬儀に参列。

 とても美しい容姿の俳優でデリケートな人だった。
 父からはほとんど愛情を受けてなかったという。
 彼はどのような気持ちでこの映画を演じたのだろう。

☆普通なら夢のような名優の息子。ハンサム。ありとあらゆる映画出演の機会が生まれながらにある。それでも自分を痛めずにはいられない心の闇。

☆「ベルサイユの子」に出てくる森のホームレスさんたちも詩人であり、それぞれの美意識や知恵がある。社会の敗残者だけではない。それをのけ者にして蔑視する社会がある。そうして疲れて果てていく。可能性の会った人も未来の会った人も朽ちていく。

 実際の多くの庶民だって同じようなものなのだ。
 生活のために夢を売った人もいる。
 家族のために夢を売った人もいる。
 今までは誰もかもが花を咲かせて死んでいけなかったのだ。
 
 夢を見ることは浮浪者になることの覚悟がいる。
 詩人も画家も皆貧困が当たり前だ。

☆よりよい世界のために個人が手を差し伸べる時代だ。
 ニーナはエンゾを得て、働くことを決意した。
 悲惨の生涯の代償にように老いた老人にはやさしく、その心は伝わった。
 老いなければわからない弱い境遇。

☆「現代の貧困」に寄れば極貧困者の諦めは行政の援助を拒むという。

☆テレビである日、土佐高校の野球部の青年が落雷を受けて重度の生涯によって、目が見えず呂律もまわらず、体も不自由になったのもやっていた。彼の両親は落雷の或る日の校庭に青年を出した高校訴えた。土佐高校って名門ですよね。裁判で最後に大阪大学の落雷研究の大学教授が「落雷は予測できた」と学校を敗訴させた。そのお金はその青年が人生で可能性を広げるのに役立つであろう。
 そんな、ありえないことが誰にでも起きる可能性がある。
 彼は歩いた。それが若死にして裁判の結果をしなかった父親への感謝だから。

 彼には素晴らしい両親がいた。
 本当に素晴らしい親でありたいが、なかなかそれも大変だ。

 誰でも怨まないで運命を感謝したほうが生きることが良くなる。

☆貧困者に諦めないでと言うのは私達の仕事だ。
 ホームレスさんにもこの映画見せてあげたい。

 

小島よしお!!!

いずみ21さん「いずみのほとり」のブログに小島よしおさんの凄さが出てました!

 オッパッピー
 そんなの関係ない!
 大丈夫!
暗号かもね。深い意味があるんだとか!

「 いずみのほとり」
2009年05月03日

「遠回り」シンクロ [ シンクロに想ふ ]
愛するせっきー(関口知宏さん)の『ファーストジャパニーズ』5月の回をみました。

「遠回り」という言葉も出てきましたW(°o°)w

ハイッ♪ラスタラウェイッ♪(≧▽≦) ですか?!

シンクロォォォW(°o°)w



なんだかここしばらくずっと、

世界に対して「?」から「YES!」に変容する意識のことを思っていて、
「信頼は罪なりや」と問われたり・・してて、

信頼(YES!)→失敗→疑い(?)→→→→信頼(YES!)

なんて図式もグルグルしてて。


で、らせんが徐々に上昇するのだとしたら、そのグルグルの果てには、
いつしか信頼(YES!)のその先の失敗すら、愛せる境地になって行くのかも・・
なんて思い始めていた時で。


「遠回り」って、やっぱり絶対、ムダじゃない。
全部が全部、味わう価値あり。

YES!YES!(≧▽≦)そう思います!(≧▽≦)





そう言えばW(°o°)w と、また思っちゃって、

またしても小島よしおをウィキで調べちゃいました( ̄▽ ̄:)
 


だってだって~~~!!

そもそも「そんなの関係ね~!」だって、あれ、

失敗して「へたこいたぁ~~(>_<)」から始まって、

「でもそんなの関係ね~!」って来て、それで

「ハイッ♪おっぱっぴ~♪」だよ。



以下、ウィキより。

「おっぱっぴーってなんですか?」と質問されると、
さも「当然でしょう」と言わんばかりのしたり顔で

「オーシャン・パシフィック・ピース(太平洋に平和を)」

の略だと答える所までがネタ。



小島よしお 意外と深っW(°o°)w ←だから、失礼だってば



たとえ失敗しても、そこにマイナスの意味をくっつけないで、

「そんなの関係ね~!」って言い切っちゃえば、

海のように広大な平和が待っているのかもね☆(b^ー゚)  ←ホントか?



私は信頼しています。
全てのことが、私にちょうどよく起こるって。




それにしても小島よしお・・・

Last updated 2009年05月04日 01時01分39秒




 には深い意味があるとか!

「いずみのほとり」よりコピーです。


☆以下はあるブログコピーです。
 そんなの関係ない若手芸人が1分程度の短いネタを披露するお笑い番組が乱立する現在、テレビに出てくる芸人の頭数はどんどん増えていく一方だ。そんな中で、一時的なブームで人気を博して、流行が過ぎると共に消えていく「一発屋芸人」というもののあり方にも微妙な変化が起こっている。

 昔は、ブームを巻き起こしてから結果的に消えてしまった芸人が「一発屋」と呼ばれることになっていた。つまり、一発屋と認定されるのは消えた後の時点でのことだったのだ。ところが、今は少し事情が違う。現代においては、一発屋芸人は初めから「一発屋然とした姿」で私たちの目の前に現れてくる。そして、本人もそれを十分自覚しているし、周りのタレントや視聴者もその事実を初めから受け入れている、というケースが頻繁に見られるようになっている。一発屋は消える前からすでに一発屋と呼ばれているのだ。

 そんな時代を象徴する芸人として、小島よしおの名が挙げられる。

 彼は裸同然の海パン姿でテレビ空間を所狭しと暴れ回り、「そんなの関係ねえ」のフレーズを武器に爆発的な人気を呼んだ。どう見ても宴会芸の域を出ないその芸風は、潔いほど完璧に一発屋のイメージそのものだった。

 だが、彼はそこで終わらなかった。2009年を迎えた今も、小島よしおはテレビで元気に活躍中だ。一発屋であることを他の芸人にいじられながらも、まだまだ当分消える気配がない。その裏には、彼独自のしたたかな戦略があったのだと思われる。

 小島よしおのすごいところは、「一発屋とはただの役割である」ということにいち早く気付いたことだ。バラエティ番組の世界では、芸人はそれぞれが進行役、天然ボケ役、ツッコミ役といった役割を担っている。「一発屋」というのもその中の1つにすぎないのだ、ということに小島は気付いた。だからこそ彼は、あえて一発屋というキャラクターを前面に押し出して、その椅子に図太く居座り続けるという前代未聞の作戦を密かに敢行したのである。

 もちろん、これを貫くには適切な状況判断力と揺るぎない信念が必要だ。ああ見えて、小島にはその両方が備わっていた。昨年12月にリリースされたDVD『単独ライブ「小島よしおのカチョマンテ」』を見ると、そんな彼のセルフプロデュース能力の高さがはっきりと実感できる。初めての単独ライブでありながら、歌、コント、企画モノとバラエティ豊かな内容で観客を飽きさせない。さらに、自分が一発屋であることをわざとネタにしているような部分もあり、世間のイメージをうまく逆手に取っているのがわかる。

 小島よしおはただの一発屋ではない。一発屋の椅子に座り続けるという難度の高いプロジェクトに挑む、勇敢で野心的な「キング・オブ・一発屋芸人」なのである。
(お笑い評論家/ラリー遠田)

☆ここからは縷衣香の体験です。
 あるお昼の番組に小島よしおさんが「ゴミ屋敷」に住むというおばあさんの家を片付けるという役目を背負いました。
おばあさんは角地の一戸建てで庭にわざわざゴミ箱からゴミを拾ってゴミを積んでいました。
それで、近所からの苦情に小島よしおさんが訪問しました。

 小柄な猫背のおばあさんははじめは「私の家だもの。誰にも迷惑かけてない。」と頑固でしたが、小島さんのことを知っているらしく「裸になっているような人のことをきけるか!」ともいいました。おばあさんに好物のトンカツ弁当を差し入れて、家にも入れてもらいおうちの片づけを許可してもらいます。あとは売れない芸人が10人ほどトラックを何台ものゴミ袋が出て最後には綺麗になりました。
 おばあさんはとてもいい暮らしの出身でなくなられたご主人は高級官僚で次官でした。子供が無くお手伝いさんもなく片付ける方法を知らないのと人間と付き合うことが嫌いでそうなってしまったようでした。仕事とはいえ、小島さんの忍耐強さと優しさがおばあさんの心をほぐしていくのです。おばあさんは記憶力がよく実にあいっかりものでした。お金が出てきて、少しからかって「取ったの?」と言うと、小島さんをぶんぶん敲いて「何いってるんだ。そんなことはしないよ。」と気位の高いおばあさんでした。

 最後にはおばあさんの衣類もプレゼントして、時々訪問もするようですが、自宅を訊かれて困ってました。小島さんは沖縄出身ですよね。もしかすると政治家になるかもしれないですよ。
優しさと冷静さがあります。ああゆうふうに人の汚れを自尊心を傷つけずに片付けるのは大変なことだとおもいます。

 育ちがいいのも大変ですね。
 やはり自分のことは自分でしないと。

 ミッシェル大統領夫人はとても聡明で子供達はスポイルされないようにベッド・メーキングと皿洗いはさせているそうです。

☆どうでもいいようですけど、西川峰子さん。旦那様が浮気で離婚とのことですが、生活費を全部峰子さんが出していたそうです。私的にはこれが間違いの元。どんなに自分の収入があろうと生活費は夫に出させなければいけないというのが私の意見。

 私も主人にはシツコク請求して生活費をいただいてます。

 朝丘雪路さんもご主人の津川さんが浮気をしているそうですが、この頃は夜中の販売なんかの仕事もされていますね。お嬢様女優さんだったのに偉いと思います。皆、公平にできているなあと思います。
別れないのも彼女の賢さのような気がします。



☆我が家の主人は夕飯は中華がいいと申しますんで、これから仕込みに行ってきます。

韓国女優の自殺死!

“SEX接待強要”韓国女優、自殺の「深い闇」とは…
メモ所持、元マネジャーが自殺未遂

 自殺した韓国女優が“SEX接待”を強要されたとメモに残していた問題で韓国は週が明けてからも大揺れだ。警察当局は所属事務所の家宅捜索に入り、近くメモに残されていたSEX接待の相手などに事実確認を求める方針。一方で、メモを持っていた元男性マネジャーが自殺未遂を図るなど事件は迷走中。韓国芸能界の深い闇が暴かれるのか。

 韓国版のテレビドラマ「花より男子」に出演し、7日に首つり自殺したチャン・ジャヨンさん(享年26)。当初はうつ病による自殺と断定されていた。ところが13日、チャンさんが所属事務所からSEX接待を強要されていたとするメモの内容が報じられた。同日夜にはメモを持っていた元男性マネジャー(30)が警察の5時間に及ぶ事情聴取後に自殺を図るなど、事件は思わぬ展開を見せている。

 韓国メディアによると警察当局は14日、チャンさんの所属事務所や自宅など約10カ所を家宅捜索、パソコンや携帯電話などを押収した。捜査にはネット犯罪を取り締まるサイバー捜索隊など約30人の専従捜査員が投入され、マスコミから入手したチャンさんのメモの筆跡鑑定を急いでいる。同時に、SEX接待や暴行を受けた相手の実名が書かれた名簿リストに基づき、事実確認を行う方針だ。チャンさんの遺族も捜査を強く望んでいるという。

 チャンさんにSEX接待を強要したとされる所属事務所の前代表は現在、日本に滞在中。警察当局は帰国要請について明言を避けている。だが前代表は韓国マスコミのインタビューに「故人の冥福を祈る」とする一方、「彼女は結婚する予定の相手がいた。接待などはない」「メモは元マネジャーの自作劇だ」と事件はマネジャーのでっちあげだと全面的に反論している。前代表と自殺を図ったマネジャーとの間には、芸能人の専属契約をめぐって4件の訴訟があり、感情的なもつれも騒動をいっそう複雑にしている。

 今はメモの真偽をめぐる捜査の行方が最大の焦点。メモの一部は「ドラマの某監督がゴルフに行く時は酒の席とゴルフの接待をしなければならなかった。夜の相手を強要された」「部屋に閉じ込められ、手とペットボトルで数えられないほど頭を殴られた」など衝撃的な内容だった。

ZAKZAK 2009/03/16


Ads by Google
 ☆テレビの写真を見ると、チャンさんは本当に可愛い女優さんだ。
セックスを強要されたというメモが出てきた。

 日本でも若くてこれからという可愛い綺麗なタレントが自殺することがある。
 とても不思議だ。あんなに綺麗で才能が有るのにといつも思う。

 虐められっ子も自殺する時には加害者の名前を書くものだ。死と言う犠牲を払っても言いたいことがあったということ。

 ☆女性がチャンスを得るのにはよく言われるのがこの種のこと。
 そうして、中には割り切って利用して階段を這い上がって行く人もいるのだろう。
 しかし、チャンさんには死ぬほど嫌だったのだ。
 勿論、相手側の利益には若く売れっ子の女性との体験は多くの支払いと見合ったものなのであろう。

 ☆私の知ってる美術の世界の最も先駆者は上村松園であろう。彼女はお茶屋さんの娘で父親を亡くし母子家庭。最後には妹や母親の生活をも看る。かの女は明治に時代に私生児を生んでいる。父親は当時の彼女の師である。その私生児もその子供も今では日本画壇の重鎮で誰も問題にしない。
セクハラが彼女が望んだものでなくてもあっても、そうした特別の愛情は成功を助けただろう。彼女は日本最初の女性の文化勲章受賞者である。

 絵描きとして成功するのにはいろいろなものがいる。
 最初は才能。
 次には生活できる程度のお金。
 そしていい師とか環境。

 女性アーティストは育たないといわれるが、その最大の原因がセクハラだろう。
 昔はたいていは女性で絵をやろうというには相当のいい家庭が多い。
 そして、いい家庭の娘は芸者のように御めかけさんにはなる必要が無いので、セクハラじみたことをされると止めて行ったとも思う。

 自殺者と言うのは多い。
 しかし、学校も学生の自殺を自分の学校が原因とは認めない。たいていは鬱病が家庭の事情にされる。
 画壇でセクハラされたら、今の時代なら先生を替える。逆にセクハラして成功したのを平気で本に書く人もいる。正直というか奥様の気持ちを汲まないというのか。

 芸能界より多いか少ないかは知らないが、美術、音楽の世界にはたくさんあることだ。
 アートでは裸体を描き、音楽では恋の歌を歌い、日舞では心中ものや恋狂いを踊るのだ。

 しかし、取引のようにセックスを監督や取り引き先と強要されたら、やはり嫌だと思う。
売春宿と変わりは無い。それが大勢の利益や営業になってるのが分かり始めると若い女優さんは引くに引けない恩もあったのか自殺せざるを得なかった。

☆しかし、この人が命をかけて告発した事実は両親も調べてくれといい姿勢らしい。
 こうして、人権や若い女性を食い物にしている人達が暴露されていくのはいいことだ。

 素人目に見ても、売れっ子の女優にある種の汚れが見えることがある。
美しい衣服や洗練のための経済的成功の代償に何を払ったのかは知らない。しかし、それだけ本気に女優にもなりたかったことである。

☆先日のSMAPの草薙君のように、おとなしい人間が耐えられなくなるほどのストレスがある。
言いたいことも言えない。我慢を強いられる。
素人にはわからないことがたくさんある。
なぜ、あの小室哲也が懲役5年にもなる詐欺師にまでさせられたか。
なぜ、若い飯島愛が孤独死したか。

人間の世には魔界がある。
ささやかにしっかりと地面に足を下ろして生きるしか生きれないかもしれない。

☆始めから自立して私は、村松画廊で個展をした時にオーナーの川嶋さんから、「縷衣香さんは商品なんだから。」といわれた。「こちらが助けてやりたくても自分で何でもしてしまうのだから。」と女性なのに厳しい意見。貸し画廊を借りて、お金をしっかり払い自分でお客を持っていて、その売り上げで成立していた。新聞の取材にも聖教新聞だったが、私はキリスト教だがとはっきり書いた。

 チャンさんのように殴る蹴るというのはある。
 思い通りにならなかったときは暴行するレベルの人間はいる。

☆私は自殺はしない予定だ。
 でも、チャンさんの無念をどこかで晴らしたい。
 
 「お金を貸してやる」という誘いはたくさんある。
 それは恩に着せて、返せない時に何かを代償に求めているのだろう。
 
 それで、全部お断りだ。

☆西原(さいばら)理恵子さんのお金の話を読むと、最終的には辻褄の合う人生をよりどころにしている。


 やはり真っ当が一番正しい。
 暴利で売ったり詐欺師のような真似をしないことだ。

 西原さんは若い可愛い女性が男性に食事を驕って貰うのにもおかしいという。
 わかいい私が食事に付き合っているんだから食事をご馳走するのは当然と言う考え方には大きな落とし穴があると言う。
 また、皆で食事をしている時に自分だけで支払わずにドロンと言うのに戒めがあるという。

 美しいとか可愛いとか才能有るとかイケメンとかエリートとかが特権のようにいい思いをしたとしたら、最後にツケを払うようになっているとも。

 だいたい、得をしようと言うところが間違っている。
 自分の食べた分は支払うことだ。
 そうしないと同じ支払いが不幸な形で支払わざるを得ないことになる。