May 12th, 2009

信濃路は神気に溢れて!

5月11日
 朝5時、1番のバスに乗って善光寺へ!
 早朝には弱い私ですが、心が喜んでます。7年に1度の御開帳の5月なので多くの人が参拝してました。尼さんがお通りで数珠で頭を触ってくれました。いろいろな御利益があるそうです。
 
 善光寺の前のとおりにじゅうたんやさんがあってその利益で中近東に学校を作るそうです。


 
 朝9時にMさんんと長野駅で待ち合わせで9時半からバスで戸隠神社の奥の院へ参拝。
 そばのソフト・クリームを食べていざ行脚。
 長い路ですが、水芭蕉やカタクリや高原草が顔を出しと鳥の鳴き声が聴こえ、気持ちのいい古杉の並木をよく歩きました。

 運良く1時間に1本のバスが来て中の院までバスで行って、箒や蕎麦の煎餅など買いました。
 
 戸隠神社も7年に1度の祭事です。
 


 戸隠神社から車で野尻湖へ。
途中に、黒姫で桜を愛でました。
☆黒姫の桜はとてもきれいでした。

 奥の院では宮司さんがいらしたので「コノサクヤ姫絵本」を奉納したら、お礼に蕎麦と紅白の落雁と奉納したものをおさげしたものを頂きました。



 神山のコテージには10人くらいの若者が働いていて、早くも6月月には完成予定だそうです。

 隣はナウマン象の博物館です。


 ナウマン象館のビデオは収穫でした。
3万年前に野尻人が住んでいたそうです。
この発掘は昭和30年代に始まったのですが、今でも続いていて世界有数の民間人を受け入れている発掘調査です。国外からも発掘のために身銭を切って来ているそうです。
神山の前の湖の畔なんですが、ナウマン象や鹿の他に野尻人が作った鏃などもたくさん発掘されています。ナウマン象の歯は湯たんぽのように波が打っています。

 つくずく神の働いている場なのだと思いました。感謝!
☆タクシーで黒姫駅へ(近いです)。そしてJRで長野駅で新幹線に乗り換え東京駅まで。
そうですね。とてもスムーズで昨日の聖母、お釈迦様、神道の神々の応援を感じました。