June 21st, 2009

みんな、がんばっている!

 昨日はかなり運んで汗びっしょりになったのですが、やはりスペイン語に行こうと2時ごろ家に帰りお昼を頂き汗にまみれた体を湯船で洗い落とし3時10分にはスペイン語クラスに行きました。
 
 やはり復習も予習もできないので皆よりできの悪い生徒です。でも、先生の話が楽しめるのでなんとか通いたいです。

 それから高輪プリンスのお茶館にこの間頼まれた、Kさんのための団扇を2種「ユザワヤ」で買ったのを持っていきました。白いこれから絵や書のかける団扇の大きいサイズのもので10枚かな。少し安く買えました。本当は琴のお稽古の日だったのですが、中国人の囲碁の4段の女性と近くの客人が来ていて、琴の稽古は次の金曜日となりました。

 Kさんは家族を日本に呼び寄せたそうです。18歳の娘さんと奥さん。安い家賃の川崎に越したそうです。Kさんの本業は書や絵画との事ですが、それは日本ですぐに生活できるのは難しいのです。それで当分は週に3回ほどはアルバイトするそうです。。茶館の琴の先生の高さんも応援の形でKさんの絵をお茶館に飾っています。


 琴の先生の友人の日本での篆刻の第一人者の千葉の家を紹介してくれるそうです。ちょうど日中日報の記事に出ていて、野田にビルまで建ててしまったそうです。書は本当に素敵でした。「なんでも鑑定団」にも出たことがあるそうです。篆刻は私は本当に好きです。古い良い字を見ると惚れ惚れします。

 琴の先生の日本人のご主人も最近「週刊朝日」の紹介が出ていて、地図屋さんだそうです。1度倒産したそうですが、2007年にまた会社を作り資本金も1000万円を超える事業で海外の地図も作っているそうです。

 囲碁の先生は40代半ばでやはり日本人のご主人と再婚して、軽井沢に別荘地を持っているそうです。新婚で幸せオーラーが漂っているようでした。プロの4段ですが、もう家庭に入っているそうです。それで、個人に囲碁を教えてくれるようです。

 気がつくと7時をまわっていたので隣の北京料理屋で3皿テイク・アウトを頼んで夕飯の支度としました。7時半からはプリンスのパン屋さは半額セールなのです。それで、ケーキや菓子パン、食パンを買いました。家に帰って主人と娘とホカホカのちょっと贅沢な中華料理をいただいたのでした。

 ☆それから夜の1時半まで、プチ・スタジオの衣類や台所セットの整理に入りました。
仕事着の絵の具にまみれた衣類も少し勇気を出して処分しました。お天気が良かったので夏の布団も洗濯してベランダーに干していたのですが、すっかり乾いていい感じです。皿や椀なども収納する前にもう1度食洗機に入れて洗いました。


 土曜日なので夜中でしたが、家に帰り、沖縄のひめゆり部隊の集団自決の朗読などを聞いてました。自宅の掃除や台所の片づけを終えて、じゅうたんを濡れふきんで拭いてましたが、体が芯から疲れます。テレビのほうもルーマニアの政権の倒れるときの詩人のドキュメントをやっていていっそう暗いのでした。

☆☆☆今日の日曜日は雨です。今さっき、主人とお昼を終えたところです。
 今日はクリーニング屋に行くでしょう。そして、夕飯は日曜日なので3人一緒です。その前に、プチ・スタジオで本の片付けです。

 それと琴の先生に練習用の琴を頼みました。オーダーしてから作るのですが、同じ職人の仕事のものは高い琴に変えるときも引き取ってくれるようです。
こんなに厳しい世相ですが、日々の恵みに感謝して精一杯生きていくことが幸せ道なのだと思います。
 さあ、今日もがんばりましょう!