July 6th, 2009

コテージができた!そして引越し準備もほぼ完了です!

 今日はヤマト運輸のダンボールを2箱ほしくて2箇所の店舗に行きましたが、土日は最近お休みになったようです。前は短縮してやっていたようで、ガレージにはその時間が書いてあったのでまぎらわしかったです。

 それで2度ほど出かけました。明日は野尻に行くので東京から黒姫駅までのチケットを往復買いました。「大人の休日」のメンバーなので30%引きで往復で11000円でした。新幹線で行くので本を1冊読んでいると着きます。
夕飯は豚カツでした。私はすぐにスタジオに行って、ヘア・ダイをして乾かしながらお部屋ごとに入れる荷物の区分けをするために水色と黄色のリボンをつけました。



 家具はないのですよね。
「無印」の籐で編んだソファーと冷蔵庫とやはり「無印」の四角い作業テーブルです。
いすが2脚に大きなイーゼルだけです。

 家の近くの家具やのショールームに気になる食卓のテーブルセットがあったので考慮中です。手つくりのテーストで2色の木の色が美しいです。東急の本店でも見たいすで岐阜の高山のものだそうです。姑なども友人と使いたいようで食堂テーブルくらいは落ち着いたものが必要かなと思います。彼女はマージャンもするので、マージャンもできるテーブルが必要かも。

 6時間ぶっ続けで引越し準備を終えて7月4日に完成ということで、明日は野尻まで家を見に行きます。カーテンや照明も入るのでずいぶん家らしくなるでしょうね。

 あまりにも忙しいので、もし疲れピークになったら温泉でも泊まりたいところですが、家事も山積みで休んでられないです。でも、自然ってエネルギーをくれるのよね。空気が癒しです。

神山の秘密!

 神山には秘密がある。
 2,3時間しか眠れなかったのですが、1時に業者問い待ち合わせしていたので早めに黒姫駅に行きました。10時前には神山に着いてました。管理人に挨拶に行って、グリーン・クラブの役員をしてられるご夫婦とお話をして、湖畔を歩いてお昼を食べたりしていました。

 神山に上る道は4箇所はあります。そしてどの道も「関係者以外は立ち入るべからず」と書いてあります。業者のかたたちも「入るのを拒む用な気配がありますね。道はしっかりあるのに、見えない道。」

 この山は美し過ぎてごみひとつ落ちてないのです。
そのような不届きものを入れさせない山なんです。

 ☆ここでは謙虚にならなければだめだ。
 ここにいるだけで浄化されて不思議と癒されてエネルギーがわいてくる。山を降りると、普通の人の生活があるのに。

 生きるのに必要な文明の利器。
そうしたものを買い込んで届けてもらうように長野駅で手配したのですが、ふと人間の頭で「こんなに散財していいのかしら。」と不安になったのでした。


 そのときに新幹線の窓から見た虹のきれいなこと。写真に撮るよりも心に直接に話しかけてきた虹でした。

 知識は今は必要ないのです。それより神を感じる素直な心。


 ☆今回の蚊帳教会に関しては山を汚すどのような軽はずみもできない。
だから住所や案内を人が集まればいいというレベルではしたくありません。
この山には古代から野尻人が祈っていた祈りの蓄積がある。音楽や政治や写真やアートや多くの本物の人達がはぐくまれ発信していた山。それでいて控えめで少しも主張しない。
それが、神なのではないかと思う。

 我こそはという人はここにはいない。
 ここで邪悪な心を持った人達はまるで裁きを受けるかのように亡くなり消えていった。

 この自然の美しさの中で謙虚に自然に耳を傾けるだけでいい。
そんなメッセージでした。